高学年の初心者生徒さん

先日小学校高学年の初心者生徒さんが入会されました。

ピアノにずっと興味はあり、お家でキーボードを弾いて遊んでいたとのこと。

卒業式でピアノを弾く夢を叶えたいと入会しました。

勿論ピアノレッスンは小さい頃から始めた方が、ゆっくり一歩一歩階段を上がるように進んでいくことができます。

ただピアニストになるのでなければ、大きくなってからのスタートでも、決して無理ではないと思います。

「大きくなってからでは指が動かないからだめじゃないですか?」

と言う方もいますが、楽器のサイズを考えるとピアノは小さな子供用の楽器ではなく、大人も使う大きな楽器なので、体が成長してから始めると楽な点もあるかと思います。

また、何よりも大きくなってからの生徒さん(大人生徒さんも)は

「ピアノを弾きたい!!」

という思いが強くて明確ですね。だからピアノを積極的に楽しもうとする力もすでに持っておられます。

練習の仕方も工夫する方法をお伝えすると、喜んで実行してみてくれます。

だから小さな子どもがゆっくり1年かかる(かける)ことを半年や、もっと短い時間で出来てしまうこともあるのです。

お母さまは彼女の夢について「無謀かもしれませんが・・」と初めにお話しくださいました。

私も「大丈夫ですよ!絶対できます!とは言えません。」と正直にお伝えした上で、

「でも真剣にピアノに取り組むことは無駄にはならず、これからの長い人生にとっては必ずプラスになると思いますからやってみますか?!」とお話しました。

レッスンをスタートすると、期待通り瞳をきらきらさせてやって来て、物凄い集中力でレッスンを受けてくれています。

私も基礎を出来るだけ解りやすく、効率よく学べる方法を工夫して、彼女の夢に寄り添い指導したいと思います。

出会いに感謝します!  

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。