Phone: 080 6017 9911     Email: tamaky@tamaky.com
SPIRAL山河 SANGA螺旋の虹

SPIRAL

新しい世界を見つけたと思っても、気がつくとすでに見たことがある景色にも見える。 堂々巡りのように思えても、以前より高いところに昇っているのかもしれない。螺旋のように。不思議で面白い形。過去から未来へと繋がる永遠の時間の一部を取り出した形。僕らも体の中に二重の螺旋を持っている。

山河 SANGA

水門の竣工記念に国土交通省の依頼で制作。野外の彫刻制作も行っています。

螺旋の虹

Stone Spiral Rainbow

BORDER BlackRing

  • BORDER「境界」BlackRing
  • 黒御影石、塗料
  • (W)310×(D)240×(H)100 (10kg)
  • 2009年

Read More

Vine III

  • Vine III「蔓」
  • 黒御影石、塗料
  • (W)80×(D)55×(H)220 (1.5kg)
  • 2010年

Read More

とりどりの交わりの始まり

  • とりどりの交わりの始まり
  • 黒御影石
  • (H)210
  • 1997年

Read More

風光

  • 風光
  • 黒御影石
  • (H)490 (15kg)
  • 1996年

Read More

Latest Posts

コヤスケで石を割る

2009年11月1日 | コメントはまだありません

石の割れた断面をテーマにする作品の制作を続けている。今日は白御影石の板をさらに薄く割る作業をした。これだけ薄いと手道具をうまく使わないと細かく割れてしまって2枚の板に割ることはなかなか難しいのです。

Read more »

石を割る

2009年10月15日 | 1件のコメント


 石を割った時の稜線にほれぼれします。ただこの感覚は石を彫っていない人はもとより石に興味がない人には全くわからない感覚だろうと思います。でもこの感覚を共有したいと思うのです。そこで石を割った時に現れる自然の「ライン」を誰にでもわかるように提示する、石の割れた断面を主題にした作品を作ろうと、石を割りまくっています。福島県産の白御影石、インド産の黒御影石、中国産の黒御影石。たくさん割りました。

Read more »

2009 CAF.N 仙台展

2009年7月10日 | コメントはまだありません


2009 CAF.N 仙台展
ずれのある形 I
ずれのある形 III
を出展。

Read more »

2009 CAF.N 仙台展

2009年6月8日 | コメントはまだありません

2009 CAF.N 仙台展 に参加します。
場所:せんだいメディアテーク6階a
会期:2009年7.10(金)-15(水)
   am10:00-pm7:00(最終日は pm5:00まで)
入場無料
Contemporary Art Festival . Nebura)

Read more »

パリンカ

2009年6月7日 | コメントはまだありません

蒼の輝き展」で初めてお会いした、ウエノイチローさんに声をかけていただいてレストラン パリンカでウエノさんの絵と共に4点の石の作品を展示しています。パリンカはイタリアンのレストランです。以前、食事をする機会がありましたがとてもおいしいお店です。(2009/07/29 に終了しています)

場所:レストラン パリンカ
期間:7月29日まで

大きな地図で見る

Read more »

蒼の輝き展

2009年5月21日 | コメントはまだありません

長町遊楽庵 びすた~り で「蒼の輝き展」が開かれます。
阿部さんという方の企画です。
フラワーアーティストの松本恭子さんに声をかけていただいて石の作品を3つ(予定)、生け花とのコラボレーションします。
写真家の佐藤英さんと画家のウエノイチローさんの作品も展示されます。
日時:5/26(火)-6/6(土)(月曜日休み)
場所:長町遊楽庵 びすた~り
(さらに…)

Read more »

大倉山

2009年4月8日 | コメントはまだありません


 大倉山に山田石材計画の事務所を訪ねる。
(さらに…)

Read more »

仕事場にお客さん

2008年11月19日 | コメントはまだありません

 午前中、仕事場にお世話になっている造園家の方とその奥様が遊びに来てくれた。仕事場とかアトリエとか言うと聞こえは良いのだが石彫りの現場は工事現場のよう。ホコリと騒音。石の粉で服が汚れてしまう。それに晴れているのに粉雪や雨がぱらつく中、寒かったことでしょう。

Read more »

伊達冠石を買いに

2008年9月17日 | コメントはまだありません

 仕事場から車で20分程の隣町の山の丁場(採石場)に伊達冠石(地元では泥かぶり石とよばれている)を買いに行く。雨か曇りばかりだった宮城も秋の綺麗な空が広がっていて石にも景色にも空にも見とれてしまう。

 以前に来たのは大蔵山造形研究所山堂に着工する前だったので小関さんの案内で完成した建物を見せていただいた。石と木とをふんだんに使った贅沢な空間でした。
Read more »

セリ矢での石割

2008年7月10日 | コメントはまだありません

次の小品の制作に向けてセリ矢で石を3つに割る。


 黒御影石に穴を開けセリ矢を入れたところ。


 セリ矢。上からの圧力で横に広がるときの力が何倍にもなることを利用して石が割れる。

Read more »