Phone: 080 6017 9911     Email: tamaky@tamaky.com
SPIRAL山河 SANGA螺旋の虹

SPIRAL

新しい世界を見つけたと思っても、気がつくとすでに見たことがある景色にも見える。 堂々巡りのように思えても、以前より高いところに昇っているのかもしれない。螺旋のように。不思議で面白い形。過去から未来へと繋がる永遠の時間の一部を取り出した形。僕らも体の中に二重の螺旋を持っている。

山河 SANGA

水門の竣工記念に国土交通省の依頼で制作。野外の彫刻制作も行っています。

螺旋の虹

Stone Spiral Rainbow

BORDER BlackRing

  • BORDER「境界」BlackRing
  • 黒御影石、塗料
  • (W)310×(D)240×(H)100 (10kg)
  • 2009年

Read More

Vine III

  • Vine III「蔓」
  • 黒御影石、塗料
  • (W)80×(D)55×(H)220 (1.5kg)
  • 2010年

Read More

とりどりの交わりの始まり

  • とりどりの交わりの始まり
  • 黒御影石
  • (H)210
  • 1997年

Read More

風光

  • 風光
  • 黒御影石
  • (H)490 (15kg)
  • 1996年

Read More

Latest Posts

石の搬入

2008年2月2日 | コメントはまだありません


 新しく作る作品のための石が届いたので仕事場に搬入する。中国の中間色の石を使うことにした。木枠で厳重に梱包されている。

Read more »

踏み石

2008年1月30日 | コメントはまだありません


 自宅玄関のウッドデッキの踏み石に使っていた石が制作に都合がよかったので使ってしまった。カミさんが洗濯物を干すときに通常の木の階段がある側ではなくてショートカットで日常的に使っていたらしく、踏み石が無くなって膝が痛くなったというのであわてて踏み石を作った。
(さらに…)

Read more »

2007 CAF.N 仙台展

2007年6月23日 | コメントはまだありません

  • 2007 CAF.N 仙台展
  • 仙台メディアテーク/宮城県

磊磊 I
磊磊 V
を出展。

Read more »

宮城県芸術祭彫塑展「彫塑部会員とその仲間展2001」

2001年9月21日 | コメントはまだありません

彫刻家の小林さんに誘っていただいて参加。

展示作品

場所:仙台メディアテーク

大きな地図で見る

Read more »

白石・野外彫刻展 1999

1999年12月10日 | コメントはまだありません

見なれた空間からの発見「白石・野外彫刻展」1999
11/1〜12/10

軽やかなダンスのためのすきま VIII(8)
を武家屋敷の板の間に展示

Read more »

白石・野外彫刻展 1998

1998年12月10日 | コメントはまだありません

見なれた空間からの発見「白石・野外彫刻展」1998
11/1〜12/10

萌芽
を武家屋敷内の沢端川に展示

他者と、依存や過干渉でもなく疎遠でもない、そんな関係を築きたい。二者の間の理想的な距離(=すきま)を考えながらこの作品を作りました。

Read more »

彫刻国際シンポジウム小品展

1998年6月14日 | コメントはまだありません

彫刻国際シンポジウム小品展(ロシア/カルメキア共和国)

第3回国際彫刻シンポジウムの開催と併せて小品展もおこなわれた。
重い道具を持っていくだけでも大変だったのに、小品とはいえ作品を持っていくのはとても大変だった。
大理石の作品は帰国時に一部が破損してしまった。

大理石の小品(写真左から5番目)
MAKIの頭部全体ではないマスクバージョン(写真最左)
前年に制作したDanceの石膏模型(写真左から2番目)
を展示

Read more »

白石野外彫刻展1996

1996年11月1日 | コメントはまだありません

白石野外彫刻展1996

見なれた空間からの発見「白石・野外彫刻展」1996
11/1〜12/10
武家屋敷・庭
左から「」「風光」「春風

Read more »