石割

  • 石割(一輪挿し)
  • 泥かぶり石
  • 中央:(W)90×(D)90×(H)120
    右:(W)100×(D)60×(H)200
  • 1994年頃?
  • 1994年 伊丹クラフト展入選
  • 個人蔵


コンクール出展時の制作意図
 コンクリートやアスファルトの道路をも割って伸びる道ばたの雑草に強い生命力を感じる。それを一輪挿しに表してみた。石を割って出てくる力強さを表現するため花の挿し口は小さな穴が割れているばかりだが石の内部には植物に必要に必要な水が充分入るだけの空間を用意してあります。

Comments are closed.