ChangingWorld II

コンクール出展時の制作意図

 時代や関係の中で変化を繰り返しながらも調和のとれた世界を目指そうとする意志を抽象的な形を借りて表現した。
 伝統や文化、習慣など少しずつ違っていても世界はひとつであること。作品はある部分が変化を始めたために全体もそれに呼応して動き出した状態でもある。スポーツに例えるなら個の動きがお互いを支え合いながらも全体として連動していく理想のチームの形のひとつである。

Comments are closed.