初の雨中キャンプ

 昨日から一泊で友人のnaruchanとの合同キャンプ。


070923
 僕たちにとっては3連続となる日山キャンプ場。天気予報では雨にやられそうなんだけど2ヶ月くらい前から一緒にやろうと話していて、naruchan、俺、カミさん(愛犬 小春)の予定をやっと調整したので今日を逃すとしばらくチャンスがなさそうで強行。仕事の関係で午後からの合流。naruchanは埼玉から僕たちは宮城から現地に向かい現地で2時に落ち合う。
 雨が心配で僕は日にちを変えたかったんだけど、うまくいけば夜降られても翌日、大雨が来る前に早々に撤収すればなんとかなるかも。中央の青いテントはnaruchan持参の屋根型のタープ。かっこいい。その右のテントは僕たちが以前使っていたテント。naruchanに貸してあげる。
070923
 夜の焚き火に備えておじいさんは山へ芝刈りにいきました。木から落ちた枝で良い感じに乾燥している枝をnaruchanと拾ってきて鉈で小分けしておく。
070923
 最近ワンパターンになりつつあるがダッチオーブンでローストチキンとポテトを作る。
070923
 美しい夕日。頼むせめて寝るまでは雨を降らさないで。
070923
 メインディッシュはこれもワンパターン、パエリヤ。イカとあさりを新鮮なものにしたせいかいつもより美味しく仕上がった。
070923
 久しぶりの再会で乾杯をして飲み食い話をしていたら大雨が降ってきた。
070923
 まだ8時。もっと話したいので炊事棟に移動して飲む。炊事棟の手前に映ってるのは今宵やるはずだった焚き火のための薪。濡れ濡れ。虚しい。がっかり。naruchanはカクテルの材料とシェーカーも持ってきていて振ってもらう。地元の若者グループに近くの漁港で買ってきたという新鮮な秋刀魚の炭焼きも振る舞われた。ごちそうさま。
070923
 今朝。濃霧。貸し切りだったので超熟睡。
070923
 naruchan持参のエスプレッソマシンは1人用のマシンと陶器のデミタスカップがセットになっていて噴出したエスプレッソがカップに入るところが見える面白いマシン。
070923
 朝食後のテーブル。雨が降り続く。
070923
 雨の中の悲しい撤収。naruchan持参のタープを撤収しているところ。
070923
 びゅーん。
070923
 こんなに小さくなる。風に弱いことだけが難点だけど良くできてる。
070923
 雨のキャンプは撤収後に濡れたものを乾かすという大仕事が残る。雨で跳ね返った泥で汚れた道具も洗って乾かさないといけない。撤収するのも雨の中で大変でしかも撤収して帰った後も仕事がたくさん残っている雨のキャンプは最低。でもまあ泊まりキャンプで初めて雨中キャンプになったけど友達と一緒だったのがせめてもの救い。カミさんとふたりだったら寂しさ倍増だ。
070923
 愛犬小春も疲れて帰りの車中で珍しくうとうとしていた。車の中には濡れたテントや道具がそのまま。明日、太陽が出たら干さないと。
 naruchanには貸したテントをもらってもらった。またやろう、合同キャンプ。
【追記 2007.09.24】
07092401.jpg
 庭にテントを張って雨で濡れたテントを乾かす。せっかくなので防水スプレーでメンテしておいた。

Related Articles: