Windows8

 I love Mac. な僕でも社会人として生きるには Windows は必須。回ってくる書類はたいていWordやExcellだし。我が家のWindowsは一世を風靡したGatewayのWindows2000(!)とフレッツ光の契約のおまけにもらったXP。カミさんのネット機として、僕のウェブサイト制作の際の表示確認などで現役で活躍していたけど、2台が一緒に逝ってしまった。自分用には時間を見て直すにしても、カミさんのメーリングリストなど毎日チェックしないといけないものがあるので、Windowsノートを買った。安くて、使えて、回ってくる書類のチェックや修正にMicrosoftOfficeが必須。この3つを条件に初めてヒューレッドパッカードのノートにした。

 この時期に買うのだから、最新のWindows8にした。ネットで買ってすぐWin7に戻したという話は山ほど見たけど、老体にむち打って最先端についていかないと行けないのがPCの世界。僕だって本当はWindows2000とIllustrator10とPhotoshop6でやっていきたいのだ。でも、そうはいかない。

12122903
 ”メトロ”と呼ばれるWindows8イチオシのスタート画面はタブレットじゃないと意味がない。でも今まで通りのデスクトップとしても使えるので心配はご無用。仕事に使うからOffice2010 付を買ったけど、試しにPhotoshop6やAdobeに吸収される前のMacromedia時代のDreamweaverをインストールしてみたら問題なく動いた。古いOffice持ってたのに。動いたんじゃない?

12122904
 今から買うなら、僕はWindows8を選択した方が良いと思います。何の保証もしませんが(笑)。

 どこに何が入っているのか、そもそも、その引き出しは開ける以前にどうやって出すのか、という戸惑いはありましたが、それはすぐに慣れます。自分が開きたい引き出しがどこにあって、それを出すのはどうすればいいのかだけ分かれば今までと同じ用に使えます。
 くせ者なのはマウスやポインタを画面の4隅に持って行くことだけ。これ、知識として知らないと、いくらやってても正解にたどり着けません。
 メトロとデスクトップを行き来できるようになったし、アプリを画面の上から下までドラッグで終了する事を覚えたから後は使いながら慣れていけばいいや。

Related Articles: