カーリーと散歩

13062202

昨日から預かっているカーリー。ご主人が迎えに来てくれないか待っていたのだろう、ひとり(一匹)でお泊まりした他所の家で、午前3時頃からつまらなそうに鳴いていた。年をとって朝が早くなった僕も気配で目が覚めてしまい、でも気を使って布団の中でじっとしていた。息をひそめて日の出を待つおやじと一匹。

13062201

やっと明るくなって、カミさんがマッサージしてあげるとうっとりと身をまかしていた。

13062203

早起きらしいので、そのままトイレをかねて裏の田んぼへ早朝の散歩に。野生児だから自由にガンガン走り回ってる。

13062204

早朝の田んぼ。稲の葉の先端に宝石のような水滴。

13062205

宝石は雑草にも。

13062206

楽しそう。

13062207

カーリー、君のために通り道を全部草刈りしておいたんだよ。

13062208

玄関で静かに足を拭かせている。なんてえらい子。しつけがしっかりしているし頭が良い。何ひとつ悪い事をしない。相当、気を遣っててかわいそうになるほど。

13062210

食いしん坊なのは一緒。だけど、この待つ姿勢の正しく美しい事・笑

13062211

ペットフードではありません。預かる間の食べ物をたくされましたが全部、自然のものを使った手作り。

13062209

もちろん、おやつも。

13062212

久しぶりの犬と一緒の生活。

午前中はカミさんがピアノのレッスンなので石彫りを休んで僕が一緒に過ごす事に。この少し不便な感じごと、楽しんでます。

13062213

Related Articles: