豊楽展搬入

明日から松島の藤田喬平ガラス美術館で企画展。作品展の搬入の朝。3時半には目が覚めてしまった。遠足の小学生か!

16092101

台風のせいで大雨の中の搬入を覚悟していたのに、晴れた。太陽の神様、ありがとう。(未だニラの花撮りマイブーム中)

16092102

伊達冠石のカケラの詰め合わせ。(ウソです。そんなものはありません)
早く目が覚めてしまったので、依頼していただいたデザインの仕上げをしたり、作品展の展示のPOP作ったり、石の発送準備などして朝飯前にというか朝飯は食べない習慣なんだけど、なんだかたくさん仕事できた。

16092103

ピエロじゃありません。これも全部石で作ったもの。

16092104

朝一番で発送しに行きます。稲刈りを終えた近所の田んぼ。単線の阿武隈急行、写ってます。朝だから2両じゃなくて4両編成!

16092105

帰ってきて朝の光を使って個展のための写真撮影。別の作品を撮っていたんだけど個展のDM用の写真撮影の合間にお遊び。

16092106

舞台裏はこんな。せまい!いつもこの部屋で撮るので、部屋の照明にはレースを巻いたり撮影のセッティングをしたまま。

16092107

昼前に、搬入の出発。

16092108

徳島ラーメンの昼食。小学校5年の時に東京から徳島に転校した。田舎根性丸出しの連中が、徳島弁を話せない俺に「東京モンがカッコつけやがって」と初日からいじめが始まった。初日から徳島弁しゃべれるはずないじゃん。でも、クラスでただひとり国立大学の付属中学校のお受験に合格していじめからの脱却に成功。

今、モノツクリの人生を歩んでいるのは、辛い日々を手を動かすことでしのいでいたことも影響しているのかも。だからあの連中のおかげもあるかもしれない。感謝してるぜバカヤロウ。

16092111

The・観光地「日本三景」松島を抜けて「藤田喬平ガラス美術館」に到着。
台風で大雨の搬入を覚悟したけど、Tシャツ一枚でも汗をかくほどの好天に恵まれた。

16092109

エントランスから見るイマソラ。なんて良い天気だ。

16092110

石彫3点と、伊達冠石の一輪挿し、クラフトを30数点出品します。

16092113

美術館隣の「ゆずくしsalon 一の坊」2Fの展示スペースに石彫2点を展示しました。今回のグループ展の他の作家のみなさんもメインの作品をこちらに展示しています。

16092114

宿泊されていなくても、入場無料でご覧いただけますので是非。とても贅沢な展示空間です。

16092115

16092116

松島の 藤田喬平ガラス美術館の企画展「豊楽展」

16092117

ガラス美術館は有料ですが当企画展は入場無料です。
期間:2016年9月22日(木)~10月19日(水)
時間:9:30~17:00
※企画展最終日(10/19)は9:30~13:30。
※月末最終日(9/30)は9:30~15:30。

16092118

10月9日、19日は会場におります。

16092119

・ちりめん細工 こぎれ細工あべ 安倍 恵美
・陶芸 壱分 仙台焼き 大江 文彦
・陶芸 みちのく窯 佐藤 英子
・一閑張 アトリエ 千日紅 橋本 年古
・ガラスエッジング アートスペースK’s 森恵 三、森 いく子
のみなさんと一緒です。バラエティに富んで楽しんでいただけると思います。

16092120

→詳しくはこちらをご覧ください

16092121

3時半に目が覚めてしまったので、思いついて描いたものも使用。個展前で制作に追われて会場で説明することが、なかなか叶わないので。

16092122

帰りに、近くを通るので寺岸さんのスタジオへアポ無しで寄ってみる。会えてラッキー!寺岸さんの個展以来だ。お互い怒涛の日々だったこの数ヶ月の話から、写真の話、音楽の話、創ること、あちこち飛び火しながら話す感じが楽しい。
古い写真集。LONDONとMEW YORK

16092124

写真スタジオだったはずの寺岸堂は今やライブスタジオでもあり、録音スタジオでもあるようです。写真スタジオって勝手に自分に制約を課していたけど、クリエイティブの現場というくくりでひとつなんだ、自由なんだ、という話に納得。

16092112

朝3時半から動き続けてさすがに疲れてきた。この写真に特に意味はありません。距離メーターが”161616″だっただけです。

16092123

家の近くまで来たら少し雨が降ってきた。


2016_0922_hourakuten

→詳しくはこちら

 

Related Articles: