個展の終り2017

個展最終日の朝。非日常の終わり。 年々、個展を続ける事が困難になってきた中で、今年も多くの方に助けられながら、多くの方に作品を見ていただけた事に感謝。 と思いながら見上げた庭の木。 山中 環 石彫展 RA SE N の最 […]

もっと読む »

ラウンジセミナー

窓も、 庭の南天の実も 落ち葉も凍った朝。 今日は個展を開催していただいている、仙台のライフスタイル・コンシェルジュのラウンジセミナーで「石で彫刻を作る仕事場から」と題して話をする日です。 東京から(東京個展の際に1週間 […]

もっと読む »

石割萌

東京のある美術展の芳名帳を置くテーブルに飾りたいので、石の花器を作って欲しいとのご依頼でした。メールには 「アスファルトの割れ目からたくましくも花が咲くイメージ」 という一文も何気なく添えられていて、ずいぶん難儀しました […]

もっと読む »

石材工業新聞に掲載

昨年6月に東京で個展を開催した折、亀川石材店の亀川洋社長に取材をしていただいた記事が、石材業界の業界紙、「日本石材工業新聞」に掲載されました。作品についてや制作のことなど、聞かれたことにとりとめもなく喋ったことが、わかり […]

もっと読む »

豊楽展搬入

明日から松島の藤田喬平ガラス美術館で企画展。作品展の搬入の朝。3時半には目が覚めてしまった。遠足の小学生か! 台風のせいで大雨の中の搬入を覚悟していたのに、晴れた。太陽の神様、ありがとう。(未だニラの花撮りマイブーム中) […]

もっと読む »

素敵なアレンジ

春の東京個展の折、彫刻、花器いろいろオーダーをいただいた中に(ありがとうございます)、伊達冠石の一輪挿しの側面の仕上げを全部変えて作ってください、というものがあった。まるで石の仕上げ見本のように(笑)正面に伊達冠石の泥の […]

もっと読む »

緑の石で一輪挿し

昨日、門柱として見守ってきてくれた石を割りましたが、テストで一輪挿しを作ってみました。 いつも一輪挿しに使っている伊達冠石と同じように、この石も玉石で外側に茶色い皮のような部分がある。伊達冠石のような黄色と黒の強いコント […]

もっと読む »

小さな彫刻

先月の東京での個展の折、いただいたオーダーの中で、掲載を了承していただいたものを紹介させていただきます。 ご依頼いただいた方のメールから。  実はこの春父が長寿を全うして他界しましたが、娘のわたしには位牌もなく祈る対象が […]

もっと読む »

タブレットの石のペン立て

先日の東京での個展の折に、クラフトや彫刻のご依頼をいただいた。 (ありがとうございます) 彫刻はプレゼンの案を出してやり取りしている間に用途や形の明確なクラフト作品を作り始める。 こんなものを伊達冠石で作りました。伊達冠 […]

もっと読む »

Love and Peace

大震災と原発事故の後のこの国を見て最近「Love and Peace」という言葉のメッセージの力を改めて受け止めている。坂を転がるようにひどくなっていくこの国で、この言葉の持つ意味は大きいと感じている。ちょっとひねくれて […]

もっと読む »

ひとりの仕事場

朝の仕事場。 冬の間、資材置き場になっていた僕の仕事場も、水道工事が終わりに近づいてどんどん片づけている。また、仕事場でイマソラ写真、撮れるようになってきた。 せっかくだから、工事の資材置き場の名残も入れて一枚撮っておこ […]

もっと読む »

撮影の裏舞台

スタジオで僕の作品の撮影をしてもらいました。 その2回の撮影(2016年3月8日、2016年3月18日)の事と、撮影していただいた写真はすでにこのブログでエントリーしていますが、撮影の際に立ち会っていたふたりの方が写真を […]

もっと読む »

tamaki’s work

2016年3月の8日と18日(昨日)の2回にわたって、「寺岸堂」スタジオで10点の石の彫刻作品の撮影をしていただきました。石彫りを始めた20数年前の作品から最新作まで、あえて制作年を入れずにランダムに並べて、少し小さな画 […]

もっと読む »

オテダルマと石の花器

きのう、発送した伊達冠石の小さな玉石の花器が、無事届いたと、注文してくださった方が写真を送ってくれた。 このレスポンスの早さはデジタルとネットの良いところだ。 今回のお客様は、僕が新宿の中学校の教師だったときの生徒だった […]

もっと読む »