The SAREE OF PINK!!

友だちと待ち合わせて久しぶりの「シェ・アルモニ」。

16060401

カミさんと友だちふたり4人の注文がバラバラ、なんかごめんなさい。僕は「アルモニ風チャーシュ丼」いつものことながら、スープからメインまで美味しすぎ。

16060402

デザートにサバランをいただきました。子供の頃、よく食べていたけどもう食べられないかと思っていた。オーナーパティシエの由美さんのサバラン、すごい。美味しい!

16060405

みんなで、ライフスタイル・コンシェルジュに前田さんの水彩画の個展を見に行く。

16060404

前田さんはエッセイも書かれる。今回は新聞などのメディアに掲載された絵の原画展。

16060403

前田さんとお喋りさせていただいて絵のスタートが50才からと聞いてのけぞる。

16060417

いそいでひとりで阿部敬四郎ギャラリーで開催中の「第2回 彫刻のある暮らし展」を見る。

16060406

その後、4人で仙台駅までぶらぶら歩いてAER(アエル)で開催中の「The SAREE OF PINK!!」へ。寺岸宏一さんの写真の個展。その展示の点数と方法に驚いた。普通じゃないス。

16060407

あと6日後に迫った僕の個展のDMやポスターに使った写真を撮ってくれたのが寺岸さん。5回目にしてやっと出身地の東京で開催する個展の宣伝の写真として、スタジオでセッティングしてやや過剰なくらいドラマティックにとっていただいた写真をすごく気に入っている。いつもよりちょっと気合を入れている個展への気合が写真とそろっている。

16060408

それにしてもこの数!そして見事なまでにコントロールされた垂直水平。写真と写真のスペース。展示に6時間かかったそうだ。そしてテストプリントで採用にならなかった写真がソファの絵に山のように置かれていて、ひとり一枚好きな写真を(無料で)持っていっていいんだって!

なんだ、このエネルギー!!

16060418

僕はこの写真をいただきました。「キレイ」じゃない「ここ」にピントを合わせて撮った、その感じがわかるような気がして。人生に絶望してカメラとフィルム100本だけ持って旅に出て撮った写真は、だけど生きている人のエネルギーでいっぱいでした。過剰な展示も「インド」を表していて力になっていると感じました。

16060419

いただいた写真には、サインをしてもらいました。将来、高く売るために(ウソです、売りません)

16060420

寺岸さんの写真の内弟子のMarikoさんに記念写真を撮ってもらいました。多謝!!
→Marikoさんの写真レポ→寺岸さんの公式サイトへ→

16060409

すぐ近くで「全国餃子祭りin仙台」が開かれている。餃子大好きな僕とカミさんにはスルーが難しいイベント。開通したばかりの地下鉄に乗って会場へ。

16060410

全国餃子祭りin仙台

16060411

餃子は大好きだけど40分待って食べるほど好きじゃないス。200円の地下鉄代を払ってきたけど、この人出と看板を見て即、帰ります。

16060412

太陽が要になっているような空を見ながら帰る。

16060414

ランチを一緒にしたMariさんが買ってきてくれたエアプランツ。東京での個展で伊達冠石の一輪挿しにあしらわせてもらいます。

16060415

そして以前に石彫りの制作を記録しているコンデジのカメラのモニタを割ってしまったとインスタにアップしたらすぐに、使ってないからもらってくれますか?とコメントくれたコンデジもらった。女神かっ!!

このコンデジを買ったすぐ後に一眼を買ったので、今はまったく使ってない子

Mari Shibataさん(@mari.shibata)が投稿した写真 –

16060413

家に帰ったらアスパラガスが出ていた。原発事故が起きるまでは畑をやっていた。採りたての旬の野菜を食べるのは幸せなことだった。放射能をふりまかれて畑はやめた。それでもアスパラは毎年出ていた。

16060416

今宵、ソテーして5年ぶりに食べた。原発事故以来、RO水をもらえるスーパーに水をもらいに行ってそれで料理をしていたけど、原発事故から5年が経過した今年、日々の水汲みが辛くてとうとう水道水での料理を再開してしまった。こうやって少しずつ、少しずつダメになっていく。
餃子食べるつもりで餃子祭り行ったので、当然こうなりますね。口が「餃子」になってるから。冷凍の餃子を買ってきて家で餃子祭りしましたw


16051001

Related Articles: