去年、山からとってきて庭に植えて根付いて、これから花が咲くところだったのに、草でいっぱいの家の庭と周囲に草刈機をかけたときに気が付かないで刈ってしまった。

がっかりしたカミさんが壺の中に挿しておいたら満開。きれい。

夕暮れ時。家の裏へ空を見に行く。

いろんな花と草でいっぱい。

#clouds #sky #イマソラ #flower

Tamaki Yamanakaさん(@yamanakatamaki)がシェアした投稿 –

朝、蕾だった花もほとんど開いた。

新しく買った iMacを今までの様に「普通」に使えるようにするための作業を夜な夜な行っている。今日はほとんど毎日さわっているPhotoshopをインストール。ただし、すでにmacOS High Sierraではサポートされなくなっている。でも、Creative Cloudで毎月支払い続ける余裕はない。それにDMの作成や資料、個展に使うものの多くをIllustratorで自作している。Photoshopだけならアプリの中からひとつ選ぶ月に1,280円(2018/05/25現在)のプランがあるけど2つのアプリを使うプランはなくて全部のアプリを使うプランしか選択肢は残っていない。これが月に3,980円(2018/05/25現在)。僕が持っているCS4の様に買いきりではなくて使い続けるならずっと毎月払い続ける。デザイン事務所ならともかく個人では使い続けられなくなりそう。。。

で、なんとかCS4をmacOS High Sierraで使えるようにする。
インストール用のDVDは2枚組になっていて1枚めが終わると自動的にイジェクトされて2枚めが要求されるのだけど、その時ポップアップウインドウでメッセージが出るのだけど文字化けどころか何も表示されない小さな窓が出るだけ。きっと[OK]かなんかのボタンをクリックするんだろうけど、macOS High Sierraだと、ただの四角い枠になってしまっているのでバックアップから「移行ユーティリティー」でアプリケーションをコピー。(ただのコピーだと”Application Support”フォルダなどにも起動に必要なファイルが格納されているので使えない)でも、それだけでも使えない。/System/Library/以下にJava 6の2つのディレクトリを作成しないと起動できない。でも、システムに関するファイルやフォルダの作成は普通ではできない。

以下の記事を参考に対処しました。ありがとうございました!
macOS High Sierra でAdobe CSシリーズを起動する方法

リカバリーモードで起動。(Command ⌘ + Rを押しながら、電源ボタンを押して起動)

ターミナルを起動して

いろいろ対処して

なんとか起動できるようになりました。

それからもうひとつ。そのままだとIllustratorに貼り込んだ写真とかが見ることができず、使えない。こちらの記事を参考に、Yosemite.AICS4.Fix.mpkg.zip をインストールして無事、PhotoshopCS4とIllustratorCS4が使えるようになりました。

 

 

 

Related Articles:



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.