雪の日のお散歩カメラ

朝と夕方、ちょっと家の裏をカメラを持って散歩した。

SOREL履いて、一眼2台持って、(カメラとしての)iPhone2台持ってw

昨夜、また少し積もったけど雪かきは必要無いレベル。ありがたい。ただ元に戻すためだけのクリエイティブから遠い肉体労働は虚しい。田んぼの用水路のカバー。

雪のある風景は辺り一面にレフ板が敷いてあるのと同じで明るいし、空気が澄んでいて透明感があるし、何より影が青く写るのが楽しい。青は個人的に大好きな色なので、雪に日は写真を撮りたくなる。

田んぼの様子も一変する。

太陽が出てると違うな。昨日の夕方のお散歩カメラは泣きそうだったけど、今朝は寒いけど気持ち良い。

雪がないと辺り一面土の色で、ちょっとさみしい。

 

一眼レフでも何枚か。

 

 

 

庭の枯れたニラに雪がまとわりついて花のよう。

青い影が楽しい。

辺り一面の雪のレフ板と青空の効果で、こんな日は我家もカッコよく写るから記念に撮っておこう。

昨日の鍋の鶏肉が残ってたので、チキンオムライス作った。ケチャップ好き。子供か!

あまりの寒さに連日、寝る前にカミさんが布団に湯たんぽ入れてくれてる。朝、まだ温かいこのお湯で顔洗ってる。

日の入りの少し前にもお散歩カメラ。蔵王。

空気が澄んでる。

田んぼに伸びる影。

日当たりの良い水路の水は氷が溶けていた。

田んぼ道はアスファルトじゃないから車や靴が泥々になる。子供の頃、水たまりってなんで長靴で突っ込んで行きたくなったんだろう。

年賀状のお年玉くじの当たりは切手シートが3枚でした。


先日、以前使っていたiPhone5の充電池を自分で交換して、再びWifiのある家の中でネット見たり、カメラとして使っている。最初の一回目の充電の放電が一気で心配していたんだけど、過充電や過放電に気をつけて充電していたら使える時間が伸びてきた。都市伝説的な間違った使い方をしないようにメモメモ。

「充電は使い切ってから? こまめにすべき?」。充電上手になるための、正しい「リチウムイオン二次電池」講座
継ぎ足し充電すると劣化が早まる、とか充電しながら使ってはいけない、は都市伝説だった!

Related Articles: