10年以上前の紹興酒、開封の儀

今日も虹。

雲がバックにあるときれいに見えるんだよね。

居間の高いところにある窓。額縁のように月や木の梢を見るのが楽しい窓。そこからの木漏れ日。

View this post on Instagram

居間の高いところにある窓からの木漏れ日。

Tamaki Yamanakaさん(@yamanakatamaki)がシェアした投稿 –


昨日、山のようにいただいた菊。

食べるのは好きだけど料理したのは初めて。

昨日茹でてから水を変えながら一日さらして、今宵寿司酢と合わせていただいきました。

歯ごたえが美味しい。とても食べきれないので冷凍に。

金麦箱買いのおまけ、日清のチキンラーメン。

お腹いっぱいにならなかったので夕食後に。

#tamakiラーメン2018 70杯目 #ramen

お世話になった石屋の社長さんに中国の石屋に連れて行っていただいた時にいただいた紹興酒があった事を思い出した。

陶器の器に入ってコルクで栓をしてその栓を鑞付けしてある。

専用のコルク抜きも付いている。

いかにも高級な紹興酒だ。

昔々の紹興酒。その開封の儀。

蝋を割ってコルクを抜いた。

とろりとした松ヤニのような色の紹興酒だ。

美味しいんだけど細かな字で書かれたラベルを見ると中国語、読めないけど2005年に作られて2008年がなんたらって書いてある様な気がする。多分賞味期限だよなぁ。それ10年前だけど大丈夫かな。

美味いんだけど・笑

Related Articles: