全てが凍り付いた朝

冷えた〜。

めっちゃ冷えた〜。

庭の木がみんな真っ白に化粧してる。そして仕事場に向かう道から見える木々がみんな白くお化粧していた。寒さの恩恵。見惚れた。

そしてもうすぐ仕事場にというところで凍りついた山道でスリップして車が制御不能になり左に右に。反対車線に大きくはみ出しながらやっと通常走行に。対向車来ていたら終わってた。田舎で良かった。

今朝の冷え方、尋常じゃない。

仕事場の枯れ草も石もみんな凍ってる!

ガチガチ。

見て、今朝のこの氷の厚さ。さぶいよー。

View this post on Instagram

#ice #dance

Tamaki Yamanakaさん(@yamanakatamaki)がシェアした投稿 –

氷のお皿。

雪のお団子乗せてみた。

あんまり冷え切ってるので石彫る前にカップラーメン食べた。おかげで今日は一日3食、食べてしまった。

ニュータッチ 元祖 ねぎらーめん ピリッと辛い醬油味。

#tamakiラーメン2019 11杯目 #ramen

自然が作った形。

美しい。

手、冷たい。写真だと伝ん無いね〜、この冷たさ。

氷を組み合わせてみた。

カミさん、陣中見舞いに温かいあんまん持って仕事場に来てくれた。

ただしひとつをふたりで半分こだって。中村屋のあんまん大好物なんである。

ありがとー。

バイバイ。

氷のオブジェ。

緊張が続く制作の一番の気分転換は氷回しと氷のオブジェ作り。

前からやっていたけど観客は自分ひとりだった。今はSNSで共有して見てもらえる。ひとりでもやっていたことだけどそれを面白がってくれる他者の存在をひとりの仕事場で感じながら氷を組み合わせるのは、不思議だし、面白いし、悪く無い。

迷宮の様に入り組んだ隙間に特注の長いノミを通してその先を彫る曲芸の様な仕事。

一手間違えると石が折れる。最後まで彫り進める震動に石が耐えてくれるか割れるのが先か。ここまでくると緊張の中一日彫っても削れる量はほんのわずか。

そのわずかを彫り終わるのが至難。いや、終わるのか?

居酒屋我家、開店。鱈鍋。一本目はいただいたプレミアムモルツ、次からは金麦。

鍋の後、煎り黒豆と落花生をつまみに。

Related Articles: