栗仕事 2019

モンブラン、いただいた。ごちそうさま。

メロン、いただいた。ありがとうございます。

カミさんが仕事で遅いのでサクッっと夕食済ませようと思っていた午後6:30頃、北海道のしろさん、まるさんからしろまるさんちの栗がどっさり届いた。

伝票の品名にはふるさと便り”栗”とあった。原発事故で宮城県にも放射能を撒かれてしまった年に安心安全で美味しい食材を「ふるさと便り」と銘打って贈っていただいて以来、毎年いろんなものを送っていただいて今年もまた。感謝!

その恩に報いるには少しも無駄にしないで、できるだけ美味しいものを作らないと。

と夕食もそこそこに始めたけどたぶん5kgはあったんじゃないかな。

とりあえず半分茹でながら、

新米で栗ご飯炊こうと四合分、

800gの栗の鬼皮を剥き渋皮を剥いてる。

大仕事だ・笑!

怪我しない様にだけ気をつけよう。

鬼皮と渋皮を剥けたので

いたので新米と共に炊飯器にかけた。

栗ご飯ができるまでの間、塩茹でした栗を食べてみる。うまー。

でも、この大量の栗、そのまま食べるのは大変。

後でモンブランクリームかなんかにできるように

裏ごし作業始める。

くたくた・笑
栗のスープ用に水に塩入れないで最後の栗を茹で始める。

栗の栗ご飯、炊き上がった。しかも新米だし。

鬼皮剥きと渋皮剥きの苦労が報われる、とレシピに書いてあったので必死にやったけど

確かに苦労が報われる美味しさ。いや、美味い。

しかも宮城県南部のつや姫だし。でも4合でよかった。5合炊きの炊飯器にパンパンになってた。

栗のスープ作るために、塩入れないで栗を茹で始める。

10分程度茹でた栗を玉ねぎと炒めて

水とコンソメで煮て

ミキサーにかけて

鍋に戻し

牛乳と合わせて塩で味整えたら出来上がり。

牛乳何年も前からやめてるんだけど久しぶりに買って作った。夜中だけど味見したら美味い!

異常なモンブラン好き。

栗クリーム作る。

塩ゆでした栗をひたすら裏ごし。

ヘトヘト。

やめてる牛乳と常備してない砂糖を仕事帰りのカミさんに買ってきてもらって

鍋で合わせてとろみがつくまでひたすら木べらを動かす。夕食前に届いた栗を夕食済ませてから必死に作業して、やっと全部料理し終えたんだけど5時間かかった。

美味しい栗クリームできた。甘い。

そして手が痛い。包丁で怪我しなくてよかった・笑
塩茹でした栗を66個残して全ての栗を料理完了!明日の仕事に備えて寝ます・笑

 

 

Related Articles: