ラウンジセミナー 2019

個展、在廊&ラウンジセミナーで彫刻について話す日。最近の個展ではいつも九州の浦田石材彫刻店の浦田さんに天草木目石の原石をいただいて作ってる作品も展示していたんだけど今回ひとつも無かったなぁと寂しく思って今日、壁掛けタイプの作品を持っていって追加展示した。

早速「これ石なの?」「不思議な石ですね」「温かい感じですね」など皆さんの目をひいてました。改めて浦田伸昭さんに感謝!

個展のイベントで「彫刻家 山中環さんが語る”石で彫刻を作る仕事場から”と題してお話をするラウンジセミナーの日でした。普段、ひとり寡黙な石を相手に仕事してる自分には人の前で話をするのはとても苦手。

でも今日はなんだか温かくてフレンドリーな雰囲気に包まれて(珍しく)楽しく話をする事が出来ました。

拙い話でしたが同じ時間を共有していただいた皆様に感謝。

そしてセミナー終わっての一乃庵の和食の軽食(とは言えない充実の食事)を幸せにいただきました。この会場での初めての個展の時に大変お世話になったスタッフで今は退職された方も参加していただいて再会できたのも嬉しかったし軽食のテーブルが同じになって「お疲れ様でした!」とウーロン茶で乾杯していただいてなんだかとても嬉しかった。

その方に苔玉いただきました。

個展に向かう気持ちやその只中で感じる事の中には変わらないものとずいぶん変わったものもある事に気づかされました。これが同じ空間で個展を続けることの大切さでもあるなぁと感じました。定点観測からは普段見えないものが見えて来る。
(セミナーの写真は @happyhappyakiaki さんにいただきました。ありがとうございます!)

ひとりで誰にも見せることなく石を彫り続けていた僕を、ひとりで山にこもって猿に見せててもしょうがないだろう(猿はいないんだけどw)と仙台にひっぱり出してくれた恩人に、

個展のお祝いにと文政5年創業、

もうすぐ創業から200年になる老舗のうなぎ屋さん「大観楼」でお昼をご馳走していただいた。

こんな美味しいうなぎ、食べたことないよ。ほろほろトロトロ。なんて高級。なんて幸せに美味しい。

一番の好物がうなぎのカミさんにまでありがとうございました。美味しかったー!幸せすぎるー!

会場から見えていたapple storeがなくなって寂しい。

東北からapple storeはなくなってしまった。いろいろ助けてもらっていたshopだのに。

今日も(というか毎日)来ていただいたお客様にたくさんコーヒーやお茶を出していただきました。ありがとうございます。

ねぎらーめん 540円+税 W餃子「極」生ビール 個展のセミナー無事終了のプチ打ち上げ。ここまで来れば家までカミさんに運転してもらえるので飲めるのだ。
#tamakiラーメン2019 85杯目 #ramen

遅れてはいけないラウンジセミナー当日の今朝。スマホで開け締めできるようにしたスマートロックがまさかの電池切れ。しかも電池切れのスマートロックが接続された状態だと鍵で開け締めすることも困難。仕方ないので超強力な両面テープで貼り付けているツールを剥がした。

個展在廊の帰りに日曜大工の大きな店に寄るもこの電池、かなり特殊みたいで必要な2本ギリギリしか買えなかった。スペアでもう一組買うつもりだったのに。

で、装着し直し。再びスマホで鍵の管理できます。

ありがとうございます。

個展会場の軽食の後のうなぎを食べきれなかったカミさん、折詰容器もらって詰めて帰ってきたのいただいたけどンマすぎ!


今日のセミナーの様子をあっという間にまとめて  ライフスタイル・コンシェルジュ公式サイトに掲載していただきました。

以下に転載します。

ラウンジセミナー「彫刻家 山中環さんが語る“石で彫刻を作る仕事場から”」を開催しました

2019年11月23日(土)10:30~12:00、現在アートスペースで石彫の作品を展示いただいている彫刻家 山中 環氏を講師にお招きし、石彫を作るまでの制作工程を、実際に作業されている写真や動画から教えていただきました。

 

山中氏には、2013年から隔年で、毎回新しいテーマで作品展を開催いただいておりますが、県内外から先生の作品を楽しみに、多くのお客様に来場いただいております。

 

山中氏の作品をご覧になったお客様は「石なのに温かさを感じる」「優しい印象」と驚かれる方が多くいらっしゃいます。次に、前後左右からご覧になり、どうやって作っているんだろう?とじっくりと鑑賞される方が多いのも印象的です。

 

作品を制作されている仕事場は、角田市の自然豊かな場所にあります。石を削る作業音や粉じんの影響を考え、住宅地を選ばずに自然の中にテントを張り、美しい空を眺めながら作品を作られているそうです。夏場は、素手では触れないほど石が熱く、また冬も厳しい寒さですが、「閉じられた空間より、自然を感じながら仕事が出来ることが楽しい。暑さや寒さも、石を彫っている時は辛さがなく、むしろ幸せを感じます。」と仰っていました。夏は、黒御影石の上で目玉焼きを試したり、冬は氷の彫刻を作成され、季節の移り変わりにあわせて、自然の中から芸術を見出し創造されます。豊かな自然の中から生まれる発想力が、新しい作品を生み出す原動力にも繋がるのだと納得させられました。

 

写真や動画を使用し、完成までの制作工程をわかりやすく説明いただきましたが、専用のマスクとグローブ、メガネをかけ、大音量の中で石を削る姿は、まるで石と会話しながら楽しんで作られているように感じ、感動しました。また、ひとつの作品が完成されるまでには、技術はもちろんですが、繊細な作業を繰り返し、時間と手間をかけて丁寧に作られていることが、本日のお話しからよく理解出来ました。    

セミナー前は、どうやって作られるんだろう?と想像しながら作品を観賞されたお客様も、セミナーの中で、工程の理解はもちろん、作品に対する作家の想いまで共感され、ますます作品に興味を持たれたようです。セミナー終了後には全員でアートスペースに移動し、改めて解説を受けながらゆっくりと作品を観賞いただきました。

 

山中 環 石彫展「石の一筆書き」は、11月30日(土)まで開催しておりますので、是非ご覧になってください。 

軽食タイムには、弊社飲食事業部 一乃庵.による、焼き舞茸ご飯をはじめ秋を感じる和食メニューをご賞味いただきました。

以下はアンケートに寄せられたお客様の声です。

  • 昔から石の加工品については関心がありました。本日いろいろな話を聞くことができ、大変参考になりました。
  • 山中先生の作品が大好きです。いつも石の温かさと石の不思議さを感じています。
  • 石について大変満足です。知らないことを教えてくれて、いろいろ楽しさに触れることができました。
  • 石の作業は、作業する場所が大変だと知りました。本当に工事現場並みの大きな音が発生するのだと思いました。
  • 石なのに柔らかさを感じるステキな作品の作成方法を伺い、楽しかったです。

ラウンジセミナーは毎週水曜日を基本に生活に役立つ様々なテーマで開催しています。

ラウンジセミナーについての情報はこちら

2019年11月23日

山中 環 石彫展 -石の一筆書き-
場所:ライフスタイル・コンシェルジュ | アートスペース
開催中。11月30日(土)まで。 (10:00-18:00) (最終日は -16:00)
★月曜日は定休日です。ご注意ください!!

以下の日時は会場で皆様のお越しをお待ちしています。

在廊日時:27(水)・30(土)(いずれも 13:30-16:30)
※ご連絡いただければ可能な限り対応します

詳しくはこちら→
※最新情報はFacebookのこちらのページでも更新しています。
https://www.facebook.com/events/2396653967275927/

Related Articles: