酸っぱい白菜漬け

数日ぶりに凍みた。

霜ってる。霜ってる。

凍った朝もからし菜は元気。

仕事場も数日ぶりに

氷が張った。

寒い。

ほぼ僕と同い年のコンプレッサーに圧縮空気が貯まるまで少しだけ氷遊び。

ドラム缶の大きな氷。

制作中の石彫。

石で彫るにはあまりにも繊細な形。

彫るためのノミの振動で折れてしまう可能性が大きすぎるのでつっかえ棒の様に彫り残していた最後のひとつをいよいよ取り除く。完成させるために。怖い。

自然の素材を使う宿命、一ヶ所天然の亀裂が入っていたけど小さなもので強度には問題無さそう。

無事、最後まで衝撃に耐えてくれて彫り終えたらの話だけど。神様!!

ノミの衝撃に耐えられる様につっかえ棒の様に彫り残した最後のひとつをとうとう彫りとった。

もう支えるものは無い。

無事に完成しますように。

そろそろ酸味がつき始めた白菜漬け。

酸っぱい白菜漬けが好き、と言ってたあの人に

明日あげよう。

突然ポテトチップスが食べたくなったので揚げた。

料理専用の非接触型温度計で細かく油の温度を調節できて便利。

この時期のじゃがいもはでん粉が糖化して糖分が増えてるから

茶色くあがってしまうので新じゃがの時より温度低めで。

うまー。

 

#デブまっしぐら

 

Related Articles: