すだちのための八丁味噌

すだちを絞った八丁味噌の味噌汁が大好き。

そのために炊飯用の土鍋で

ご飯を炊いて

取り寄せた八丁味噌で

味噌汁作って

卵かけご飯。

眞由美さんにもらった、なると金時は

ダッチオーブンで無水調理。美味しさ逃さずに焼き芋に。

ラーメン 塩 細麺 750円

硬めの細麺が美味しい。

#tamakiラーメン2021 63杯目

アートスペース無可有の郷 へ。

「月のある部屋」越後しの個展

ギャラリーの庭にはいろんなバラや花でいっぱい。

我が家の、越後しのさんの作品。と、月桂樹。

Farmers’ restaurant Marumori cafe

宮城県は緊急事態宣言中なので店内はお休み。

テイクアウトのみ。

家で果物のサンドイッチに

日本の紅茶入れて。

Tea Time。

日本の紅茶、美味しい。

居酒屋我家、開店。

すだちをかけて食べたくてパエリア。

ロッジのスキレットのフタで

パエリア作った。

明子( @happyhappyakiaki )さんにもらったサフランで。(ありがとう!)

水に入れたら一瞬で染まった、すごい!
去年、友だちからもらって畑に地植えしたサフランはとうとうこの夏出てこなかった(泣)

レモンを絞って食べるスペインのパエリア。我が家ではもちろんすだちをたっぷり絞ります。うまー!驚くほど合う、うまー!

すだちのある食卓って本当に幸せ。

四国の徳島で過ごした3年間の子ども時代のうち2年間は、東京から来て方言も使わず偉そうに、って方言を覚える間もなく転校初日からいじめられる過酷な日々だった、そのことに気が付かない教師も酷いけど、教師からの体罰も酷かった。今は知らないけどものすごい田舎だった。今から思うと想像を絶する世界だった。母親と半年間必死に勉強して、その小学校からひとりだけ中学受験に合格していじめからの脱却に成功した。でも一年でまた親の転勤で東京に戻ったので徳島で出会った人との思い出は吐き気しか無い。ごくわずかな人を除いて。美しい自然や四国88箇所巡礼の寺や海産物や蕎麦の実などの美味しいものを除いて。

話が脱線した。すだちはその中でも出会えて幸せだったもののひとつ。本当に何にでもかけてた。食卓にあるのが当たり前だったから。

今、モノツクリとして生きてるのは徳島で2年間、いじめられたことが少なからず影響してると思ってる。そして、こんな人生も悪くないな、と思ってる。いじめてた奴らのことは今でも許せないけどね、大人になれない俺は。

気持ち良く酔っ払ってるけどロッジのスキレットの手入れだけはちゃんとやっておく。

こうやってブラックポットに育ててきた。

 

Related Articles: