自粛しようかとも一瞬、思ったけどいつものように今年のキャンプ始め。


 原発の放射線値が安定してきたとはいえ南下したくないので北上するところでまだ行った事のないところ。で「吹上高原キャンプ場」に決定。4/29〜5/1までの2泊3日。

大きな地図で見る
◆1日目(4/29)
 東北自動車道は遠くからのナンバーの車も多くいつもより混んでいた。キャンプ場はブログなどでみているよりキャンパーの数はずいぶん少ない様だった。
110429
 「とことん山」に行きたかったけどゴールデンウィークはまだ寒すぎ。吹上高原の今日の降水確率10%、明日は0%。天気予報によると明日の日中の最高気温は21度。絶好のコンディション!
 と思ったら設営後カップラーメンの昼食をとったら雨。どんどん強くなりテントをフルクローズにして居間で雨宿り。つまんないなぁ。3時にカミさんの友人のとぼりん夫妻が秋田から駆けつけてくれた。去年の「とことん山キャンプ場」で4家族で集まったときも来てくれた。夕食の手作りのお弁当をたくさん作ってきてくれたのに雨。とりあえずふたり用のツールームテントのふたり用の居間で窮屈に4人で雨宿りをしながら1年振りの再会を喜びながらおしゃべり。焼いてきてくれたアップルパイと紅茶で。僕とカミさんが震災後連絡が取れなくなってしまった時、各種ウェブサービスや伝言ダイヤルやツイッターなど一生懸命安否を確認しようとしてくれていた。ありがとうございます。
 僕の家の庭でも良いからキャンプしたい、と言ってくれたnaruchanとは今回は日程が合わず。(停電の耐久生活の中ではなく)ランタンはキャンプで使いたい。とはnaruchanの弁。本当にその通りだ。
110429
 あんまりひどい天気だったらとぼりん夫妻は帰る事も考えていたけど夕方、雨が止んだ。急いで火を熾して夕食の準備。焚き火台ではほっけとブリかまを炭火で。
110429
 良かった、雨が止んで。フルクローズでは4人はきつい。
110429
 発砲の日本酒やお手製の鶏の唐揚げ、牛タン、レタスやカニかま等が巻かれた「サラダ巻き」の巻き寿司を山のように作ってきてくれた。これがおいしいかった!天気がもったので夕食後、焚き火をしながらおしゃべり。楽しいけど吐く息は真っ白。寒い。夜中の2時頃、緊急地震速報で起こされるも地面は微動だにせず。
◆2日目(4/30)
110430
 吹上高原キャンプ場はペット可だけど広大な敷地の一角に限定されている。とぼりん夫妻は車中泊。
110430
 昨晩の夕食用に作ったミネストローネを朝食用に温める。
110430
 昨日、食べきれなかったとぼりんさんお手製のサラダ巻き、絶品。博多のイチゴも買ってきてくれた。
110430
 記念に写真。
110430
 朝食後4人と1匹で散歩に出かける。日陰には雪が残っている。歩いてすぐの間欠泉は犬不可だったので入り口まで行ったけど帰る。
110430
 広いキャンプ場は白樺の林のエリアもある。なんか久しぶりに深呼吸したよ。
110430
  キャンプ場入り口には温泉施設。一般の方も利用する温泉なのでシャンプー・ボディーシャンプーも常備されている。キャンプ場利用者は割引有り。嬉しい。
110430
 キャンプ場の背景の山々はまだたっぷりと雪に覆われている。
110430
 散歩の後、おふたりは帰っていった。同じ危機感を持った人と原発の話をできてカミさんも良かったはず。それだけじゃなく思わず笑ってしまうくだらなくて楽しい時間もありがとうございました。生きてくには笑いは必須と改めて感じた。
110430
 昼食にカレーを作る事にする。ご飯を飯盒で炊く。
110430
 カレーは残ったミネストローネにレトルトのカレールーを混ぜるだけ。
110430
 飯盒の水の量を間違えて硬めに炊きあげたかったお米はお粥に。ぬるぬるの餅のようになってしまった。震災後の断水、停電の耐久生活の時にアウトドア用の道具を使っていたのだけど、その時使っていた箸を道具箱に戻さなかったので箸がなかったり、エスプレッソマシンを忘れたり台所の荷物をすっきりまとめるベンチや愛犬小春の敷物、タープ、カメラの三脚などなど忘れ物満載だったし飯盒の使い方すら忘れていた。平常心が復興してない。
110430
 降水確率0%の中。昼からずっと雨が降り続く。温泉に入っただけで後は淡々と雨宿り。夕食は震災後にいとこ一同から贈られたお肉を炭で焼いていただく。あまりの美味しさに絶句、どうもありがとう。
110430
 雨水を逃がすために屋根の中央にもロープを繋いで絞る。
110430
 今宵も寒い。カミさんも炭火で手を温めている。
110430
 どんどん強くなる雨の中、9時に就寝。吹上高原キャンプ場は夜も照明が煌々としているのに加えてテントを叩きつける雨がどんどん強くなりうるさくてうるさくて眠れない。
◆3日目(5/01)
110501
 雨が強く振り続ける中、朝。降水確率0%てなんだよ・怒
110501
 パンを焼いてスープとクリームチーズでさっさと朝食。
110501
 さっさと撤収に入る。愛犬小春は置いて行かれるのが心配でヒンヒン言ってるので、
110501
 車で待っていてもらい片付ける。
110501
 テントはずっと雨にさらされてじっとりと濡れてしまっているが撤収を始めたら雨が弱くなってきた。
110501
 濡れて重くなったテントをしまう。今の状況で庭や仕事場で乾かすのは抵抗があるので近いうちに干しがてらもう一度キャンプに行くか。
110501
 連泊すると割引率が高くなる嬉しい料金設定もこのキャンプ場の魅力。ゴミも捨てて帰れる。
110501
 キャンプ場近くの「大久商店」。山菜、キノコ、焼き川魚などが満載のお店。きのこのお茶を出していただいたけどこれが驚くほどおいしかった。料亭の吸い物のようなおいしいさ。山菜をたくさん買って帰り夕食に天ぷらにしていただいた。タラの芽、しどき、コシアブラ、こごみ。
110501
 地元に帰ると田んぼに水が入り始めていた。

Related Articles:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です