木星の設計図

今朝も仕事場には

少し雪が積もっていた。

木漏れ日が美しい。

春はここでランチしてるんだけど。

明るいけど寒いな。

天草木目石で作った”Jupiter”(木星)を

氷に落としてみた。

氷の破片、重ねてみた。

風が吹いて寒い寒い。

仕事場 全景。

大雪で冬の制作が出来ない年もあった。今年はありがたい。

イノシシか?

足が長くなった自分。

まる さんかく しかく

●▲■

天草木目石で作った木星と氷のインスタレーション。

ある作家へのオマージュで作った。

インスタグラムに写真アップしたら若い友人の陶芸家に当てられました、

そう、李禹煥!

手桶の水が丸ごと凍っていたので

立体的に造形。

透明感もあってキレイ!

穴あけた。

わかってます。この氷のインスタレーション、イマイチ・笑

家に戻って昼飯。

マルちゃん 野菜をたっぷり入れておいしくちゃんぽん

#tamakiラーメン2021 11杯目 #ramen

午後の仕事へ戻る。

愛は消えてしまいそう・笑

 

来月、2/18からの個展に出展するために去年の暮れから彫り続けてきた作品、完成したっぽい。これから数日、別の作品彫りながら気になるところが出てくれば手直しして無ければ完成だ。今までで一番折れそうな形だった。なんとか完成できてほっとした。これが石?っていう様なぐるんぐるんの細くて繊細な作品は是非、個展会場で!

山中 環 彫刻展
日時:2021.2.18(木)-2.23(火) 10:30~17:00
内容:角田市在住の彫刻家、山中環個展。石の重さや硬さを忘れさせるような作品、石を割って再構成した作品などを展示。無可有の郷での個展は初。
場所:アートスペース無可有の郷
〒989-1762 宮城県柴田郡柴田町海老穴海老沢131 TEL 0224-56-3584

天草木目石で木星を彫る時の設計図。

φ44 9mm φ33 7mm φ26 5mm φ20 4mm

石の模様が木星にしか見えないw

大きさの違う Jupiter を作る。

今日は辛い一日だった。強い風が止まず体温奪われるし手がかじかむし。テントシートが何度も強風で外されて張り直し。午後は周りの水が凍っていった。今晩、開店予定の居酒屋我家のことだけ考えて頑張ったよ・笑

居酒屋我家、開店。

シンプルな鍋。

鍋の必須、長ネギが無い!って言うので食べられるくらいに育った畑のネギを抜いてきた。

食べられないところは畑で剥いて食べるばかりにしてくるよ。

今日は冷え切った。

エミシ工房の酒器でぬる燗と金麦。

自家製の柚本ぽんで。ひろみさん手作りのと

自分で作った柚子胡椒。

笹かまぼこもわさびより柚子胡椒と醤油で食べた方が断然美味しい!魚のすり身が甘くなってフルーティ。

今宵の自家製の漬物は白菜漬け、大根漬け、カブとニンジンのぬか漬け。ぬか漬けはどちらも1週間くらい漬けた。寒くてなかなか漬からないから。

金麦は季節毎に味をかえてる。飲み比べ。

東北の寒い日の鍋は格別。

寒さという調味料が美味しさ倍増する。https://www.instagram.com/p/CKtN7EfjIAI/

彫刻制作の合間にペンダントトップ作ってる。来月の個展で好きな色の革紐付きで並べようと思ってます。
木星に見えるそのままや、ニスを塗って濃い模様なのとか線彫り着色したりバリエーションを作ってた。

Related Articles: