屋根裏部屋で個展の準備

一日中雨なのは久しぶり。時折り激しく降ってる。外仕事じゃなくて濡れないところにいて雨音を聞いてるのは悪くないけれど。個展の搬入日じゃなくて良かった。

もらった手作りチョコレートが買ったのより美味しい。

ありがと。

個展のプライスカード使った。

こーゆー個展関係の必要なもの作るのも嫌いじゃない。

これもモノツクリ。

自分なりに毎回色々工夫して。

でも石じゃ無くて指を削ってしまった左の人差し指がまだ治らず曲金を押さえるのが大変。

大学の時にヨーロッパをひとりで彫刻や芸術を2ヶ月見てまわった時にフランスで屋根裏の安い宿に泊まった時から憧れていた屋根裏部屋を自分ひとりで作った自室は狭いから作業始めるとあっという間に物だらけになってしまうけど引きこもりになりそうなくらい居心地が良い。

今でも自室にいる時は至福。全長3メートルのデスクを作るための木材搬入は長くて大変だった。床は大きな紙でもデッサンもできるように凸凹や溝の無いフローリング仕上げにしたので床ででかいパネルを切る作業もやりやすい。

個展には

石彫だけで無く

壁面に仕事場で作った氷の彫刻の写真も展示する計画です(笑)

空の写真も。

展示できるのはこの中のごく一部だろうけど。

全出展作品を一覧できるカタログも作ったし

必要なもの作成中。

水出し昆布とcoopの出汁パックと

常時作り置いて味を馴染ませてるかえしと合わせたツユと

幼なじみにもらった深大寺そばの乾麺で蕎麦の夕食。

実際に深大寺の多くのお店で使われている蕎麦粉で作られているんだって。

深大寺伝統の一尺(約33cm)を再現してて長い。

厚揚げをかえしと水 1:1で煮て椎茸や長ネギ、出汁を取った昆布も乗せて。美味しかった!

#月曜日は麺曜日

天草木目石の説明プレートや

ペンダントご使用の際の注意書きプレート作った。

この素敵な石に出会わせてくれた

熊本県上天草の浦田石材彫刻店の浦田社長への謝意を込めて。

 

Related Articles: