銀杏の葉の絨毯

雨の天気予報だったけど気持ちの良い青空が広がっているので、個展会場に行く前に今朝もまた刈田嶺神社によって心静かに手を合わせた。

空の青と銀杏の葉の黄色のコントラストにうっとり。

 

 

 

 

 

 

 

彫刻に赤のペイントを施すことはこれまでにもよくやって来たけど

青を使ったのは初めてだったんだけど、今回の個展で石を割った面をアクリル絵の具で青く塗ったこの作品がすごく人気だった。

というリアクションをダイレクトにいただけるのが個展の大切なところ。

一筆書きシリーズは、これ以上突き詰めると自己満足の世界になりそう。

ミュゼ・マエナカの打ちっ放しのコンクリートの壁に何か作品をかけたくて制作したシリーズ「彩分割石」石を板状にして割って、それぞれを塗ったり、磨いたり、金色の箔を貼ったりして再び元の様に組み合わせるという作品。新しい試みだったけどこのシリーズも受け入れていただいたみたい。8点作ってすぐに7点行き先が決まった。ありがとうございます。

明日、最終日です。


 

【山中環作品展】

明日、2022/11/25、最終日です。

10:30-16:00)

ミュゼ  マエナカ

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉小妻坂51-213

0224-34-4455

石彫、壁にかける石、透明樹脂を使った作品、天草木目石のペンダント、多肉植物と石、苔石、などなど。

Related Articles: