佐々木悟郎

 最近、(朝日)新聞を開く一番の楽しみは連載小説だ。といっても小説は読まないんだけど(ごめんなさい)。佐々木悟郎さんの新しい絵を毎日のように見られるからだ。わくわく。  今は亡きペーター佐藤さんと佐々木悟郎さんのイラスト […]

もっと読む »

日本手ぬぐい

 気が付いたら日本手ぬぐいをたくさん持っている。 (上の左から2枚は友人のnaruchanの結婚式で引き出物にもらったもの、次の3枚は教え子が企画して職人に依頼して制作したバーブドワイヤー(有刺鉄線)など現代のモチーフを […]

もっと読む »

「医学と芸術展」カタログ

 先月末に見に行った「医学と芸術展」が美的体験とは違う意味も含めてものすごく面白かった。最終日に見に行ったせいかカタログが売り切れで増刷後の発送を頼んでいたのが届いた。  これは不治の病で死ぬことを運命づけられた人の生前 […]

もっと読む »

カリカリチーズ

 夕食に、ペペロンチーノを作った。それだけだとちょっと物足りなかったので銀杏を煎った。それでもちょっと物足りなかったのでチーズをレンジでチン!カリカリチーズ、居酒屋さんで頼んだらそこそことられるけど家なら安くて調理時間は […]

もっと読む »

仙台彫刻散歩

 用事で仙台へ。中途半端に時間が。コンデジを持っていたので普段良く目にしている仙台の彫刻をカメラで撮りながらブラブラする。定禅寺通りにはグレコ、クロチェッティ、マンズと3人のイタリアの彫刻家の素晴らしいブロンズがあるけど […]

もっと読む »

三春の滝桜

 近くと言えば近くだし、すぐそばまで行ったことはあるのだけど「三春の滝桜」を見たことは無かった。両親が今年見たいかも、というのでまだ開花まで1ヶ月くらいはありそうだけど近くにいるついでに下見に来た。  つぼみはこんな感じ […]

もっと読む »

有元利夫展

 カミさんと郡山市立美術館へ。休日ETCで1000円だし。  バリー・フラナガンのうさぎ。宮城県美術館の中庭にも別の野兎の作品がある。日本人に人気があるみたい。  青空に映えてきれい。(今日1日中小雪がちらつく寒い日だっ […]

もっと読む »

暴風:倒木と黄砂

 庭の端っこの木が暴風で折れた。痛み始めていた木ではあるが。庭の前には道路が通っている。もし車が走行中に道路に落ちていたら交通事故になるような太さと長さだだ。幸いなことに風向きが良かったのか、ギリギリ庭の中に倒れ落ちてい […]

もっと読む »

梅も七分咲き

 庭の梅の花が咲いている。7分咲きくらいだろうか。  久しぶりに外仕事をできる日だった。温かい陽気が嬉しくて日陰になるテントの下ではなくてテントから出て太陽の光を浴びながら。だけど天気予報はこれから夜半にかけて雪だという […]

もっと読む »

カーリル

「カーリル | 日本最大の図書館蔵書検索サイト」(デジタルマガジン 経由で知った)  日本最大の図書館蔵書検索サイトという謳い文句は伊達ではない。なんだ、この便利さ。アイコンのカワユさ。久しぶりに思わず「すげぇ!」と声に […]

もっと読む »

高山登展

宮城県美術館に高山登展を観に行った。  中庭も作品で空間を形作って迎えてくれる。今回の作品は全て(再構成ではなくて)新作。  作者自らの制作による「枕木」で構成された空間。  枕木だけでなくグランドピアノや金属のベッド、 […]

もっと読む »

春を待つ

 辺り一面雪。溶けているところは水浸し。市内でも重い雪でビニールハウスがたくさんつぶされた。我が家でもカミさんの車のアンテナが折れた。  春が待ち遠しい。

もっと読む »

家飲会

 友人夫婦と我が家で飲み会。偶然、同じ時に宮城に越してきた。もう16年か。  お土産に大和川酒造店の「弥右衛門」限定品を持ってきてくれた。フルーティだけどコクがあっておいしかった。酒の隣は黒ごまの豆腐。  埼玉の豆腐やさ […]

もっと読む »

重い雪の散歩

 愛犬「小春」との昼の散歩。辺り一面、まだ誰も通っていない銀世界に足跡をつける喜び。  だけど雪はもう溶け始めていて重くてべちゃべちゃ。ソレルブーツじゃなきゃ大変だ。  雪の重みで垂れ下がった杉の枝からおちた杉の花粉が雪 […]

もっと読む »

3月の大雪

 天気予報通り朝起きたら大雪。根雪にならない温かい地域なので3月ならもう雪かきしないでほったらかしにするところなんだけど、この量ではそうもいかない。玄関周りと車の通り道だけでも確保しておく。  除雪車が家の前の道を雪かき […]

もっと読む »

部落の総会

 午後、部落の総会。部落で使ったお金の収支決算や来年度の活動、予算などを話し合う。東京から宮城県に引っ越してきた当初は「部落」とか「百姓」って差別用語かと思ってなかなか使えなかった。今、僕は部落に暮らし周りにはお百姓さん […]

もっと読む »