リアルバルサ彫刻

リアルバルサ彫刻って今までにもエントリーしたことがあるし、美術教室でMikiちゃんと一緒に作ったりしたこともあるんだけど、南国育ちで成長が早いために、すごく軽くてカッターナイフでも切ることが出来るバルサの木を使って、現実にあるものを1/1縮尺で出来るだけ本物そっくりに作る、というもの。例えば下の写真の金の絵の具がそう。

15022006

先日の、アートチャレンジで紹介した写真はこれ。

art_challenge_day4_03

実はこれ、僕が新宿の中学校の美術教師だった時にやった授業。説明のために参考にいくつか作った中で残ってたもの。
アートチャレンジでは自作紹介と共に、他の作家を指名していくルールで、僕は西原直紀さんという方を指名させていただきました。その彼も「リアルバルサ彫刻」を、アートチャレンジで紹介していました。

15022007

本物にしか見えない!(僕がじっくり見たいのでクリックで拡大します)

実は、西原くんは僕がその授業をした時の教え子で、上の作品は彼がその授業で提出したもの。すごいな。改めて見ても中学3年生の作品とは見えない。っていうか先生より生徒が上手に作っちゃダメ(いいんです)。

もっと言うと、みんな作品のすごさにばかり目をとられてるけど、この西原くんが撮った写真自体が良く撮れてる。「物撮り」というんだけど作品の写真を撮る、というのは簡単そうに見えて、なかなか奥が深い。シャッターを押せば撮れるというものではない。こんな風に「普通」に「自然」に撮るのもすごいな。

15022008

カッターナイフやドライバーまで作っていた。(今回のアートチャレンジで初めて見せてもらった)

15022009

どちらも手前がリアルバルサ彫刻だそうです。もうなんかわからない。クラクラしてきた。

15022010

西原くんは、アートチャレンジでこんな雪像も紹介していました。雪で作ったイースター島のモアイ像。インパクトありすぎ!すごい。

art_challenge_day3_03

僕がこの前、雪かきのついでに、死んでしまった愛犬小春を偲んで雪像を作ったのは、このモアイ像のインパクトの衝撃がどこかに残っていたからっていうのは内緒にしておこう。

facebookをやられている方はこちらから西原さんのアートチャレンジ(5日目)バルサ彫刻を見られます。
 

Related Articles: