自家製きゅうりのキューちゃん

晩成の枝豆”秘伝豆”の

小さな紫の花が咲き始めた。

梅雨が明けたらオクラがぐんぐん育ってきた。

馬鹿でかく育ってくれたパプリカ、未だ色変わらず。

大きな葉を何枚も広げているズッキーニ、長雨で未だひとつも結実せず。人工授粉しようにも最近雄花しか咲かない。

きゅうりが枯れてきたのでゴーヤに緑のカーテンがんばってもらわないといけない。朝夕に水やり。

]

きゅうり。

ぬか床は満タン。小さいのだけ漬けて大きいのは自家製きゅうりのキューちゃん漬けにしよう。

ちょっと休憩。(↑マスクと共に一日中つけてる耳栓)

心臓がドキドキ言ってる。

今日も屋外での肉体労働者には危険な天気。

マルちゃん 麺づくり 味噌ベースの坦坦麺

味噌ベースがうまい。思ったよりピリ辛。

#tamakiラーメン2020 39杯目

あづー。今季初かき氷。

カルピスの季節限定の完熟メロン、美味しい!

庭の猫の額畑のきゅうりが食べきれなくなってきたので自家製きゅうりのキューちゃん漬ける。

1回目の調味液漬け。夜もう一度漬ければ出来上がり。

Life

Life

Life

タ・ス・ケ・テ!
家のきゅうりをピクルスにしてぬか床に入るだけ入れてマヨネーズつけてポリポリ食べて、それでも食べきれない分を自家製のきゅうりのキューちゃんに昼に仕込んでホッとしたんだけど。夕方、近所の方に茄子と仙台長茄子とかぼちゃと10本の大きな「きゅうり」をいただきました・汗
明日、きゅうりを引き揚げたらキューちゃんの漬け汁に全部漬けてしまおう。

居酒屋我家、開店。すだちのモヒート。畑の大葉をいろんなものに漬けてる。

ニンニク醤油やごま油に生姜や胡麻や醤油みりん等々に漬けたもの。

それで冷奴。ねぎ塩だれでも。

畑のピーマンも採ってたっぷり焼いて。

徳島のすだちを一箱も友達にもらったので、

徳島に住んでた子供の頃みたいに何にでもすだちかけられて幸せな食卓だ。

自家製きゅうりのキューちゃん、

味が入ったので漬け汁から引き上げて、

夕方いただいた10本のきゅうりを

漬け込む。

この量、

壮観・笑

これを真似して塩玉ねぎ作る。

玉ねぎみじん切りにして塩して密封して冷蔵庫へ。美味しく発酵しておくれ。

安かったからトマトソースにしたらと思って買ってきたというトマトでトマトソース作った。今日も殺人的な暑さでかなりグロッキーで料理するつもり無かったんだけど、自家製きゅうりのキューちゃん仕込んだらなんか勢いついてしまった。

玉ねぎのみじん切りはいつもと同じ様にやってるつもりなのにおととい届いたツヴィリングの包丁でやると今までの1/3くらいの細かさになってる。切れ味でここまで変わるんだな、すごい。

7個のトマトのみじん切りもあっという間。僕はトマトの皮の湯むきはしない。全ての野菜の一番美味しいところは皮と実の間だと思ってるのでもったいなくてできないのだ。

皮ついててもこの包丁はスパスパだ。

1/3位まで煮詰めて出来上がり。

氷水で急冷して冷凍して熟成する。トマトを急冷してるボール見てると大好きだったお店サンタフェを思い出す。厨房に初めて招き入れてもらった時に今でも印象に残っているのは大きなボールの作り立てのトマトソースを氷水で急冷していた事。作り立てを氷で冷やすんだって驚いた。

僕とカミさんが愛したそのお店東日本大震災の津波で流されてしまった。でも今は真鶴でスイーツストーリーと言うスイーツのお店をされている

Related Articles: