手打ちパスタのジェノベーゼ

雨ばかりで虫が全然飛んで無い。

彼らに頼れないのでズッキーニの人工授粉。こんな霧雨の日にやっても意味ないのかなぁ。

雨粒でいっぱいのアスパラガス。

食べられるようになるまでに3年かかる。食いしん坊には辛いよ。あと1年!

イタリアンパセリの鉢のアマガエル。

雨の仕事場。

四葉のクローバー。

ホタルブクロ。

教えてもらったけど名前忘れた。

ドクダミ。

霧雨の日は世の中が雲に支配されているのではないか?と思うほどの蜘蛛の巣に驚かされる、田んぼの稲の上は全て蜘蛛の巣で覆われている。

今宵はジェノベーゼ食べようと思って昼飯前に畑のバジル摘んだ。

レモンバジルをメインにブッシュバジルや

スイートバジルなど4種類。というより完全にレモン。

レモンバジルの香りはバジル、

なんとも言えない良い香り。

雨ばかりで跳ね返りの泥もついてるから水で洗って

くるくる回して水を切る夏に必須の道具でバジルの葉の水気を切ったら

ザルにあげておく。これで100g。忘備録。

生パスタにしようとセモリナ粉で

エッグパスタの生地作った。

水回し。蕎麦粉みたいに最初、水気をはじくよ。

夕方、石彫りから戻るまで常温で寝かしておく。

常備菜のおかずで昼飯。

無限ピーマン、新生姜の甘酢漬け、

今日のぬか漬けは茄子、青梗菜、ゆで卵、きゅうり、山芋、ピーマン。青梗菜とピーマンのぬか漬け美味しい。

おばけきゅうりのきんぴら、明太子。近所の方が漬けたらっきょう。

居酒屋我家、開店。手打ちパスタのジェノベーゼ。

昼にセモリナ粉と卵等を捏ねて寝かしておいたエッグパスタの生地を綿棒で伸ばして生パスタに。

畑から摘んでおいたバジルは他の材料と共にハンドプレンダーのミキサーにかけてジェノベーゼソースに。僕が今YouTubeで一番すごいと思ってハマってるシェフが使ってるハンドブレンダーと一緒でなんか嬉しい。これをくれた親父に感謝!

切って麺に。

パルメザンチーズを入れて麺の茹で上がりを待つソース。

茹で上がり!ソースと和えて完成。

イタリアンの夕食でも今ハマってるぬかかは外せないよ。青梗菜のぬか漬け美味しい。

使い切れなかったジェノベーゼはオリーブオイルの蓋をして冷蔵庫へ。

台所の収納スペースに麺棒専用の収納も作ってある。作るものによって長さや太さが違うから。餃子の皮を打つ麺棒は細くて短い。先日ブシアーテと言うパスタ用にアルミ棒で作った綿棒も収納してある。

レモンバジルがメインのジェノベーゼはレモンの香りと酸味があって美味しいパスタでした。そしてイタリアンとぬか漬けが全然違和感無し。美味し!

3FのMy屋根裏部屋。畑のミントは元気だし準備万端なんだけど寒くて飲む気になれない。ミントジュレップも、ボンベイサファイヤジンのジントニックもモヒートもソルティードッグも。お願い、晴れて(晴れたら暑いって文句言いそうw)。

Related Articles: