嘘つきどころではない

 福島原子力発電所は地震の後、短い期間ですでに炉心溶融していたという。そしてそれが発表されたのは2ヶ月後の5/12だった。(定義の問題があるので、炉心溶融と書きますがいわゆるメルトダウン)  考えられる事はふたつ。(知っ […]

もっと読む »

米のブレンド

 愛犬小春と昼の散歩。  夏のような陽気で野菊に蝶。仕事場ではアオスジアゲハやカラスアゲハが飛んでいた。 目にしている風景は相変わらず美しい。だけど飛んでいるのは蝶だけではなくて放射性物質もなのだと気が付いて悲しい気持ち […]

もっと読む »

それでも、新緑

 原発の事を考えてしまうと悲しみと怒りに支配されてしまうけど目に映る世界だけは少なくとも美しさを増している。  空にぽっかり浮かんだ雲。  その雲を田んぼの水に映して見るのがこの季節の楽しみ。でも、あっという間に稲が生長 […]

もっと読む »

内部被曝の勉強会

 夕方から琉球大学名誉教授 矢ヶ崎克馬氏よる内部被曝についての茶話会に参加。  日本でも稀有な内部被曝の研究者。  参加された母親が持ってきたガイガーカウンター。今やガイガーカウンターを目にするのは日常の風景となった現実 […]

もっと読む »

夏のような日

 夏のような日。  大震災のチャリティーの一環の作品展打ち合わせ。  田んぼには遠くに鷺(さぎ)。  ものすごく高い空にも1匹いた。空を飛ぶ鷺の写真は良く撮るけどこんなに高い所まで上がっているのを見たのは初めて。300m […]

もっと読む »

勉強会

 良く晴れた夏のような陽気。空が青くなると田んぼの水が呼応して辺りの景色が一変する。美しい。  愛犬小春との散歩を今日は早めに切り上げて出かける。  昼から内輪の勉強会。京都の大学教授だったカミさんのおじさんの紹介で東北 […]

もっと読む »

田植え

 家のすぐ前の田んぼで面川さんが田植えをしていた。急ぎのPC仕事の手を止めてカメラを持ってお昼前にちょっと出て行く。  ”三男”くんが田植機で植えきれない隅っこを流麗な手つきで手で植えていた。(補 […]

もっと読む »

我家草刈り

 カミさんの車のタイヤをスタッドレスから夏タイヤへ。地震や原発、桜に雪。もういろいろあって5月に交換するなんて初めて。去年桜の花に雪が積もった後の4/24にやったのが今までで最遅だった。記録更新。  僕の「石彫おんぼろ号 […]

もっと読む »

東北の風景画展

 大音量のカミナリ。良く晴れたまま大粒の雨。竜巻注意情報。地鳴り。へんな天気の一日だった。水路に太陽がキラキラ反射しているのに、この写真を撮っているときも雨が降っていた。  家から20分の田舎の中にある画廊「無可有」へ。 […]

もっと読む »

幸せな贈り物

 こごみと行者ニンニクが突然どっさり届いた。  眞流さんとshiroさんからだった。いつも突然、幸せを届けてくれるんだから。shiroさんの水彩画に眞流(まる)さんの文章。時間をかけてこの1枚を描いて書いてくれたことが伝 […]

もっと読む »

原発とどう向き合うのか

 憲法記念日の今日、宮城憲法会議の講演「安心して生きていくために、いま原発とどう向き合うのか」野口邦和先生(日本大学専任講師・日本科学者会議エネルギー・原子力問題研究委員長)を聞きに仙台の仙台弁護士会館へ。会場に入りきれ […]

もっと読む »

までいの力

「までいの力」を買った。  何度か書いていますが原発事故に最悪な形で巻き込まれてしまった「飯舘村」の豊かな自然や美しい景色、そこで出会った人たちに僕は魅了されていた。片田舎の小さな村というだけの知識で終わらせてしまう人が […]

もっと読む »