九州の大地震

14日に起きた九州の大地震は16日の本震の前震だったという。 14日夜の最初の地震で最も大きな揺れを観測した熊本県益城町。16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震は、14日以降に続く地震の「本 […]

もっと読む »

あれから5年

車のボンネットとフロントグラスがバリバリに凍った朝の太陽。 久しぶりに朝から青空。。 今朝の人参(24日目) この写真は5年前の3月9日の写真。いつものように仕事場で石を彫っていたのだけど、いつも空ばかり見ている僕にとっ […]

もっと読む »

5回目の3.11

原発はメルトダウンはしていない、放射能の問題は無いと言い切って今でも訂正しない「科学者」、プルトニウムは飲んでも大丈夫と言って小出教授を嘲笑した東大の教授、実害があるのに風評被害にしようとした人たち。 原発事故はすでに、 […]

もっと読む »

てとてと 春 2016

「てとてと 春 2016」届く。 原発事故による放射能汚染を測るため、友人らが立ち上げた民間の測定室〈みんなの放射線測定室「てとてと」〉が毎春、出している冊子。とてもていねいに作られていて、身近な人の文章が沁みる。今号も […]

もっと読む »

てとてと4周年イベント

てとてと4周年イベントの日です。天気もお祝いに加担している。 河川敷に車を停めて白石川を渡ってみんなの放射線測定室「てとてと」へ。 てと市(放射能測定済みの青空市場)の準備も始まっていた。 測定室が今日一日だけ「てとカフ […]

もっと読む »

てとカフェ

もうすぐ「みんなの放射線測定室「てとてと」4周年イベント」ですよ! 11月1日ですよ。日曜日ですよ。10時〜15時ですよ。 カレンダーにマルしてね! 原発が事故を起こして、テレビでは毎日「直ちに健康に問題は無い」とか「絆 […]

もっと読む »

原発事故の責任者の強制起訴に思う

福島第一原子力発電所の事故を巡って、検察が不起訴にした東京電力の元会長ら旧経営陣3人について、東京第五検察審査会は「大きな地震や津波の可能性があったのに目をつぶって何ら効果的な対策を講じようとしなかった」などとして2回目 […]

もっと読む »

菅谷昭氏 講演会

菅谷昭氏(現松本市長)の講演会 -原発事故にともなう健康被害の長期的課題-が開催された。 国や原発推進している人に言わせると、原発事故で撒き散らされた放射能は福島県と宮城県の県境で止まるようで、宮城県知事も事故直後に「宮 […]

もっと読む »

てとてと 春 2015

放射能の値を測って、自分で食べる食べないの判断材料をくれる「みんなの放射腺測定室 てとてと」。原発事故の混乱と抑圧と情報が錯綜する中、事故のその年に立ち上げた事がどれだけ大変だったかと思う。チェルノブイリ原発事故後のベラ […]

もっと読む »

あれから4年

みんなが「絆」「きずな」と朝から晩まで言うのを聞かされるのが本当に嫌だった。 あれから4年。「絆」という言葉を乱発していた国にはヘイトスピーがあふれている。 大震災から4年。今でも寒くて湿気る仮設住宅で暮らす人たちが9万 […]

もっと読む »

菅谷昭氏講演会

約一ヶ月後の講演会の宣伝です。直前になったらもう一度エントリーするかもしれませんが。 菅谷昭氏講演会 -原発事故にともなう健康被害の長期的課題- 原発事故の後、国は直ちに健康に被害は無いと言い、ほとんどの首長は市民の健康 […]

もっと読む »

原爆

言ってることのほとんどは、嘘とごまかしと自慢とコピペ。 — 山中 環 (@tamaki) 2014, 8月 10 ミスじゃないよ、これ。コピペがまずいとは思ってない。ただ被爆者をなめてるだけ。なめきってるだけ […]

もっと読む »

脱、脱原発

今日も水漏れテストでいくつか残念な結果に。横一線黒くなっているところには石にキズが入っている。 今日も風が吹きすさぶ日だった。午後は風のせいでどんどん寒くなった。 でも緑が濃くなって春の景色が濃くなっている。 仕事場の隣 […]

もっと読む »

HARD DUTY

「HARD DUTY 〜過酷な任務・ある女性のチェルノブイリでの体験〜」 日本で原発事故が起こった2011年に、狂ったようにネットや書籍などから情報収集と学習をしていた7月に公開されてダウンロードして読んでいた。事故から […]

もっと読む »