誰がなんと言おうと大好きな写真

「誰がなんと言おうと大好きな写真」というサイトがある。 このサイトでは、みなさんの投稿写真の中から選考し、 誰がなんと言おうと大好きな写真を毎日一枚限定公開しています。 一枚の写真をご覧いただけるのは当日限り。お見逃しな […]

もっと読む »

ペヤング激辛やきそば

 唐辛子の辛さが苦手だった。うどんに七味唐辛子をかけるのも嫌なくらい。子どもの頃は料理に唐辛子なんて、隠し味程度にしか使っていなかったのではないだろうか。だけど自分でパスタをよく料理するようになって、何年も唐辛子の辛さを […]

もっと読む »

石を持つ

一転、窓ガラスを締め切った車の中にはいられないほどの陽気。 仕事場は蕗の薹が満開。オオイヌノフグリが満開。  小さな伊達冠石を持って立つ自画像。雲の絨毯。         &nbs […]

もっと読む »

高い木の枝切り

 家の横の背の高い木。そのうちの1本をチェンソーで倒し、1本の枝を切る作業が行われていた。見に行ったのは太い枝を切り落としたところ。それで終わりだと思ったらさらにどんどん登る。た、高いと思ってから更に。もう限界でしょ、と […]

もっと読む »

ケツァール

 グアテマラ共和国のお札を見せてもらった。1ケツァール。ケツァール(quetzal)が通貨単位。  お札に透かしならぬ、透けてる円い窓がある。人差し指が見えているでしょ。紙と言うよりプラスチックな感じ。  全くといって知 […]

もっと読む »

命のバトン

 お友達の5冊目となる本が出版されました。『命のバトン』  東日本大震災にまつわる物語。お友だち初めてのノンフィクション。  東日本大震災で犠牲になったのは人間だけではなく、ペットや家畜にも「命」に関わる事が起こった。 […]

もっと読む »

2年振りの風邪

 2年振りに風邪をひいた。2年前は震災直後でガソリンが買えず、雪の舞う中残り少ないガソリンで暖房も出来ず、エンジンを切って一日中並んで風邪をひいた。  普段、元気な分、体温が5分あがるだけでヘロヘロ。人間の体のこの絶妙な […]

もっと読む »

実働10秒の報酬

友人の陶芸家が、放射能の市民測定所を始めるため準備を進めている。 作品展示室の一部を測定室にして、セッティング中。放射能測定器を台から降ろす手伝いを頼まれて、今日、朝一番で出かけた。  小さいけど、周囲の放射線の影響を受 […]

もっと読む »

伊藤若冲と江戸絵画

 仙台市博物館に伊藤若冲を初めとする江戸絵画を観に行く。 「若冲が来てくれました」プライスコレクション 江戸絵画の美と生命  10代、20代の頃は展覧会といえば西洋絵画ばかり見ていた。今は、日本のものが(も)面白い。若冲 […]

もっと読む »

裾広がりの花器

 一番新しいデザインの、石の一輪挿し。(これはおじいちゃんが石屋さんだった方にもらっていただいた) 先日、お世話になっている方と話していたらこれと逆に裾広がりのがあっても良いんじゃない?と言われた。この形、気に入っていた […]

もっと読む »

1982年はすでに懐メロ

毎年の事ではありますが、契約期間が終了したのに、まだ働かされている模様です・笑  今、Cokeを買うとある年代に流行った曲が何曲も聴ける。 たまたま選んだボトルが1982年のだった。ウォークマンでカセットーテープを摺り切 […]

もっと読む »

2年目の3.12

3.11だけだったら、不平を口にせず、我慢強い東北の人間は世界に、大震災からの驚くべき復興の姿を見せていたはずだ。 だけど、3.11の次の日に、3.12があった。 この国が放射能まみれになった最初の日。 それから2年だ。 […]

もっと読む »

あれから2年

あれから2年。 大震災当日の夕方、愛犬小春を車に乗せて、大きな余震が続く中をカミさんを仙台に迎えにいった。 信号の消えた大通りの交差点は、だれもクラクションを鳴らさず、あうんの呼吸で譲り合い、誰かが誘導しているかのように […]

もっと読む »

2年目の3.11

2年前。「日本の力を信じてる (AC Japan)」と朝から晩までテレビから聞こえてくるのを聞いていた。 また、あの日のような感傷的な番組のオンパレード。 「日本の力を信じてる」と朝から晩までテレビで言ってた人たちは今で […]

もっと読む »

手作りは温かい

 西日本に住む親戚から手作りのもの満載のおいしい荷物が届いた。  漬け物、切り干し大根、ブンタンとハッサクの皮の砂糖菓子。全部手作りのもの。ていねいな仕事。嬉しいなぁ。 震災から2年、気にかけて送っていただいたんだろう。 […]

もっと読む »

暴風でばらばら

 午後、仕事場に着いたらこのありさまだ。暴風で石を敷くのに使ったりする重い木が倒されていた。連日の暴風は尋常じゃ無い。東北線が止まるのは当たり前。テントの下の仕事に危険を感じて車に避難することも。車に避難したって軽の1B […]

もっと読む »

林業少年

 お友達の4冊目となる本が出版された。「林業少年」  お友達の家には代々伝わる広い山があって管理もしている。林業だけじゃなく、牛も飼っていて本当に忙しそう。牛についてはもう2冊も書かれているけど、今度は林業についての物語 […]

もっと読む »

中庭

 仕事場にお客さん。お世話になっている造園家の方。  敷居が高い日本では若い人が盆栽をやっているなんて話は、滅多に聞かないけどヨーロッパではブームを超えてひとつの文化として定着している。さつきの盆栽で日本一になったことが […]

もっと読む »

仕事場で初外飯

 仕事場の雪はもう日影の一部だけ。  でも、まだ氷は張っている。  空が青くてきれいだったので氷の写真を撮った。これが今シーズン、最後の氷写真かな。  大きな石を、切って一息入れていたら目の前を糸トンボが。  今シーズン […]

もっと読む »

餅目

 木には木目がある。知らない人はいないだろう。木目は目に見えるし。木の道具や家を作る時に木目の向きは重要。用途によって木目を考えながら使う。強度が全く変わってくる。  石にも石目というものがある。木目のように見えないし、 […]

もっと読む »

部落の総会:2013

 年に一度の部落の総会。今年も書記を仰せつかりました。ありがたいことです。(辛くて胃が痛いけど)なんか変な奴がいるなぁ、じゃなくてメンバーにカウントしてくれる地域の皆さんに感謝。僕の字は個性的に過ぎて読めないと思いますが […]

もっと読む »

幸せな時間は短い

 僕が信頼するお百姓さんの三田さんが羽下先生を連れて我が家へ。  羽下先生は阪神淡路大震災を経験された臨床心理学・コミュニティ心理学の教授。神戸から被災地支援で南相馬に来たついでにお越しいただいた。興味関心が多方面に広が […]

もっと読む »

えべつ脱原発芸術祭 2013

 今日から「えべつ脱原発芸術祭 2013」が始まりました。去年は小さな石の彫刻、今年は写真2点で参加しています。北海道ですが是非。(3月1日〜31日・月曜日定休) 眞流さんが、さっそく写真を撮って送ってくれた。 詳細はこ […]

もっと読む »