きいろいゾウ

あんまり登場人物が多いので、メモしながら読んだけど、今の自分が読みたい本じゃなかった。「森に眠る魚」。子ども、お受験、ママ友、思惑が入り乱れて不穏な結末に向かっていく。角田光代じゃなかったら途中で、やめて […]

Read More

森に眠る魚 調理場という戦場

あんまり登場人物が多いので、登場人物をメモしながら読んだけど、今の自分が読みたい本じゃなかった。角田光代じゃなかったら途中で、やめてたな。八日目の蝉を読むのもしばらくやめよう。 夜中に雨が降ったようだ。庭 […]

Read More

海街diary:漫画編

是枝裕和監督の「海街diary」を見た後で、原作の漫画を読んでみたいと(facebookで)つぶやいたら、すぐに出ている6巻をまとめて貸してくださった方がいた。 漫画を読むのが苦手。本を読むように読めない […]

Read More

私はかんもくガール

「私はかんもくガール」を読んだ。 「かんもく」って何?っていう人も多いかもしれない。漢字で書くと「緘黙」。場面緘黙症だった著者が、自分の症状に名前があることも知らず何年も苦しんで、なんとかそれを克服して、 […]

Read More

かくかくしかじか 完結

漫画「かくかくしかじか」の最終巻を読んだ。 (大きなネタバレありません) 5巻が出るタイミングで2015年のマンガ大賞を受賞した作品。だけど4巻の終わりが衝撃的で、5巻が最終巻、完結編と知って驚き、早く読 […]

Read More

図書館の予約

ピケティの「21世紀の資本」都会の図書館では数十人の予約待ちらしいけど、すぐに借りられるのが田舎の良い所。しかも新図書館への移転作業で4月まで借りられる。問題はそれでも読み終えられる気が全然しない事。 # […]

Read More

ボートの三人男

「ボートの三人男」を読んだ。 ジェローム・K. ジェローム著、丸谷 才一訳。(中公文庫) 書評で東海林さだおさんが推​薦していて、文庫の表紙が和田誠さんで、訳が丸谷 才一さんという好きな人の名前ばかりでて […]

Read More

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」(矢部 宏治著)を読んだ。 沖縄の米軍機の訓練ルートを地図に書き込むと真っ白になる部分がある。それは米軍住宅のあるエリア。アメリカの法律で守られている沖 […]

Read More

手塚治虫 マンガの描き方

ネットでこの本の写真を見かけて本棚から探してみた。 手塚治虫「マンガの描き方」昭和52年5月30日発行、初版本。 一生懸命、読んだけど僕には漫画を描く才能は無かった。 カバーの推薦文が落合恵子さんだった。 […]

Read More

かくかくしかじか

ピーィッという電子音の様な鳴き声の鳥が早朝から断続的に鳴き続けてよく眠れなかった朝。起きても鳴き続けている。しかも、2階の居間から聞こえる。音のする方ににじり寄ってどこから音が出ているんだと思ったら、住宅 […]

Read More

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子 著)を読んだ。カミさんが図書館から借りて読んでいて、すごくいいよ、というので。自分の本なら赤鉛筆でいろいろ書き込みながら読むんだけど最近は図書館で借りることが多いので […]

Read More

石田徹也ノート

我慢していたんだけど本屋さんでパラパラと立ち読みしてしまったらもう、買わないではいられなくなってしまって買った。 本の帯にはこうある。 「とにかく、かく」 それが創造の秘密だった! たまに友人らと飲みに行 […]

Read More

ラジオマン

吉田 照美著「ラジオマン -1974~2013 僕のラジオデイズ-」を読んだ。 去年の終わりに突然、友だちからのプレゼントで届いた本のプロローグを何気なく読んだら「ずっとウソだった」という動画について書か […]

Read More

あん

ドリアン助川の「あん」を読んだ。 作者のドリアン助川さんがこの本の発売イベント(2013/02/26)で以下の様に語っている動画を見て、どうしても読みたいと思っていた。 (動画はamazonサイトで見られ […]

Read More

星島発・音楽の海 自己治癒Cruise

 「星島発・音楽の海 自己治癒Cruise」を読んだ。  羽下先生にお会いした後に、思いがけずいただいた先生の著作。お会いしたときもいろんな話をしたけど、その時には出てこなかった「音楽」の話が主に書かれて […]

Read More

祭りの場・ギヤマン ビードロ

 林京子著、「祭りの場・ギヤマン ビードロ」を読んだ。  著者は上海から長崎に引き上げてから4年後の、1954年8月9日に学徒動員で働いていた三菱兵器工場で原爆を受けて被ばくした。  原爆という暴力。理不 […]

Read More

林業少年

 お友達の4冊目となる本が出版された。「林業少年」  お友達の家には代々伝わる広い山があって管理もしている。林業だけじゃなく、牛も飼っていて本当に忙しそう。牛についてはもう2冊も書かれているけど、今度は林 […]

Read More

家守綺譚 と f植物園の巣穴

 図書館から梨木香歩さんの3冊の本借りてきた。  「僕は、そして僕たちはどう生きるか」は引き込まれてあっという間に読み終わった。  「家守綺譚」も最初の数ページで異界に連れて行かれてそのまま梨木さんの筆力 […]

Read More

僕は、そして僕たちはどう生きるか

 梨木香歩さんの初めてのエッセイ集  「春になったら苺を摘みに」 を読んで先日、エントリーした。  その本は家にあった。カミさんが大切にしている本だったからだ。僕が(一人勝手に)読書の水先案内人にして、そ […]

Read More

びんぼう神様さま

 おとといの日曜日、仲間と岡山医師を講師に「放射能と健康」という講演会を主催した折り、隣町の本屋さんに会場で本屋さんを開いていただいた。放射能、原発の本以外に親子で読んで欲しい本を並べて。この本屋さんの紹 […]

Read More

春になったら苺を摘みに

 facebookでこんな一節が紹介されていた。まず「形」にひかれ文章を読んだら胸に迫るものがあった。梨木香歩が好きなカミさんに聞くと持っている、というのですぐに読んだ。「春になったら苺を摘みに」  梨木 […]

Read More

こころやさしいワニ

 作品展に来てくれて15年振りに再会した友だちが翻訳家デビュー。おめでとう。  予約注文していた本が届いて早速読んだ。イタリアの絵本「こころやさしいワニ」  翻訳って難しいだろうな。別の言葉で書かれたもの […]

Read More

この夏の感想文はこの本で!

毎日新聞 2012年7月21日「夏の読書特集」号  このブログをご覧の小学生のみなさん!(はひとりもいないと思いますがw) 今年の読書感想文全国コンクール(小学校中学年の部)に向けて読書感想文を書こうと思 […]

Read More

雑誌

 「スロウ」という雑誌を眺めていて学生の頃、雑誌フリークだったことを思い出した。月に10冊近く買っていた時もあった。小学生の頃から自分で手描きで雑誌を作って授業中に友だちに回覧してもらっていたくらい「雑誌 […]

Read More

スロウ

 「もっともっと北海道を楽しむコンセプト型通販付きマガジン」を謳う『スロウ』という雑誌を買った。宮城県に住んでいる僕が何故買ったかというと、北海道に引っ越すわけではなく(寒い所には暮らせません。東北でも限 […]

Read More

福島からあなたへ

 知り合いのブログで紹介されていてすぐ買って読んだ。 福島からあなたへ  静かに温かい勇気が湧いてくるような本だった。  僕が武藤 類子さんを知ったのは2011年9月19日の6万人が参加した「さようなら原 […]

Read More

ぼくらは闘牛小学生!

 ベコ飼いのお友達の3冊目の本はノンフィクション。 「ぼくらは闘牛小学生!」 読みました。  全国で闘牛が行われているのは現在、6県だけだそうだ。そのうちのひとつ、新潟県の小千谷市の闘牛の話。闘牛はそれだ […]

Read More

チョコレートと青い空

 ベコ飼いのお友達の2冊目の本が出版されたのでさっそく読んだ。「チョコレートと青い空」 牛を飼っている専業農家にガーナからエリックさんが研修生としてやって来た1ヶ月の物語。最初は背が高く真っ黒なエリックさ […]

Read More

カーリル

「カーリル | 日本最大の図書館蔵書検索サイト」(デジタルマガジン 経由で知った)  日本最大の図書館蔵書検索サイトという謳い文句は伊達ではない。なんだ、この便利さ。アイコンのカワユさ。久しぶりに思わず「 […]

Read More

rockin’on JAPAN 忌野清志郎 特別号

 本屋をいくら回っても売ってなかったのでamazonで注文した「忌野清志郎 ロッキングオンジャパン特別号―1951-2009」が届く。  それとは別にタニシさんが送ってくれた巻頭特集に『君がボスを知ってい […]

Read More