紫蘇の種

疲れてるところにいきなり気温が下がって変な咳が出る。万里子さんの器のお湯にカミさんがシーブス・オイル数滴落として持ってきてくれた。香りを嗅いだ後そのまま飲む。嗅ぐだけじゃなくて飲めるオイルだから。 たくさんなっているミニ […]

もっと読む »

雨の中の彼岸花

良いタイミングで雨が降ってくれて蒔いた大根の種が一斉に発芽した。葉っぱを食べたいので少し密に蒔いて間引きしながら食べる。 この冬も大根の葉っぱ、食べまくりたいw コールラビ、今年は食べられるかな? ミニトマトは実をいっぱ […]

もっと読む »

にゅうめん

この前まで氷で冷やした素麺食べていたのに、今日の昼飯にカミさんが素麺を温かく煮て煮麺(にゅうめん)作ってくれた。大きな車麩入り。温まった。 先日、初めて挑戦したらあっさりできたのに今日は2回やって2回ともドレープが作れな […]

もっと読む »

ひとめぼれの新米とズッキーニの花の天ぷら

朝。#庭の猫の額畑から小さな花付きズッキーニを収穫。 ササニシキに続いて「ひとめぼれ」の新米。 粒立ってて美味しい。一番好きな「つや姫」は刈り取りまで間があるのでまだ田んぼの中。 昨日、抜いた最後のバジルを冷凍した。パリ […]

もっと読む »

餃子の皮ピザ

お百姓さんでもまだほとんど食べていないだろう米どころ宮城の新米を九州から北海道まで急いで送る手配。 畑にコールラビの苗の残り全部と大根の種を蒔いた。 満タンのコンポスト、冬になると生ゴミも寒くて堆肥に変わらないので場所を […]

もっと読む »

ギャラリー巡り 20180915

ドレープ・オムレツ初めて作ってみた。とりあえずドレスにはなったけど時々作って修行する。 卵料理はよく手入れしたフライパン、火加減、卵のバランスが微妙で難しいけど面白い。 保科毅さんの水彩画の個展に。 高蔵寺の茅葺きの色の […]

もっと読む »

膨大な写真データをどうすればいいのか

家の前の電線がムクドリでいっぱい。 コールラビの苗、更に3つ植えた。全部で9つ。まだ10個くらい大事に育てた苗が残ってる。早く植えたいけど植えるスペースが無い。。。 何でも無い、カミさんが作ってくれる普通のナポリタンが昭 […]

もっと読む »

新米 2018

猛暑の夏だった2018年。 新米のササニシキをいただいた。今年の米は綺麗です。 早速炊いた。その年初めての新米は、おかず無しで少しいただいて 後は卵かけご飯で、と決まってる。お百姓さんでも宮城の新米食べた人はまだほとんど […]

もっと読む »

寒くて釜揚げうどん

ランチはふわふわ卵のオムライス。 雨が3日続いたので寒い東北。あんまり寒くて夕飯は釜揚げうどんに。卵に麺つゆを合わせたものと、白出汁で。畑からネギ、紫蘇、オクラをトッピングに。 両口屋是清のお菓子があるので食後に抹茶。「 […]

もっと読む »

なおみさんのグランドスラムとジェノベーゼ

雨で思いがけずオフ。普段は食べない朝食でも作ろうか。 最近ハマってる白身の周りをカリッと焦がす目玉焼き。 だいぶ上手く作れるようになって来た。 冷凍してあった、この辺りでは一番美味しいバゲットをトーストしてエクストラ・ヴ […]

もっと読む »

スイカ

畑の紫蘇の葉をカミさんに天ぷらにしてもらった。オクラやピーマンも。 賞味期限から1年位たった防災用のアルファ化米。いざとなればこのパックに水をいれるだけで出来上がり。美味しいし。防災用の非常食は乾パンではきつい。 果物を […]

もっと読む »

稲刈り間近

採りたてのトマトは太陽をいっぱいに浴びて温かい。きっと都会の人はトマトっていうと、冷蔵庫で冷やされてる冷たいトマトを想像するだろうけど。 今日の空、 秋の空。 暑い日だった。 またしばらく雨になりそう。暑い日は遠くなって […]

もっと読む »

パンとスープとネコ日和

「パンとスープとネコ日和」見た。 ていねいに美味しい料理を作り、 それを美味しそうに食べるシーンがある物語に食いしん坊な僕はそれだけでも心を持っていかれてしまう。 そんな映画の僕の中での最高峰は「バベットの晩餐会」だけど […]

もっと読む »

防災訓練

地域の防災訓練。班長なので早朝から安否確認に回ったりその後小学校に移って各種訓練。煙中通過訓練は10m弱の煙で一杯の通路を非難するもの。煙で何も見えない。訓練だから吸っても大丈夫な煙だったけど有害な煙だったら絶対逃げられ […]

もっと読む »

卵の白身をカリッと

昼食。佐藤養助の稲庭饂飩。庭の畑からモロヘイヤ、紫蘇、ピーマン、オクラ。カミさんに天ぷらにしてもらった。紫蘇の天ぷらうまいなぁ。 カレー。白身の縁をカリッと焼いた目玉焼きを乗せて。ちょっとフライパンの温度を上げすぎて黄身 […]

もっと読む »

麻婆茄子

晴れた! 石磨きだ! これが磨きのパッド。通常は#150→#300→#500→#1000→#2000→#3000→#ツヤ、と7段階で荒いのから細かい砥石に変えて磨いていく。 数日ぶりの太陽! カミさんが仕事場に冷たい飲み […]

もっと読む »

すいか

昼食はいつもの炒飯。 俺がガスパチョを作るとちょうど食べ頃に寒くなる説。 雨の中、畑から収穫したばかりの山の様な野菜と共にスイカいただいた。果物を全く食べない数年間を経て、今年再び食べるようになった。 今年初物、というか […]

もっと読む »

聲の形

「聲の形」を見た。 転校してきた耳の聞こえない女の子と、同じクラスになった同級生の物語。 傷つけた者が傷つけられる側になり、裏切りがあり、変わらない思いがあり。 心にひっかかる意外なセリフ、予定調和ではないストーリーで引 […]

もっと読む »

雨の日のランチ

雨の仕事場。 しばらく太陽を見られなさそうだ。 いろんな色の石のカケラ。雨で色が鮮やかになる。 石磨きをしたいから晴れてくれないかな。 でも一週間ずっと雨みたいだ。 入り組んだ細い隙間の先の底のようなところを彫ってる。ノ […]

もっと読む »

三河弁

朝一番で石を彫るノミを注文した。今作っている形でどうしてもノミが届かないところがあって、相談して特注で作ってもらうことにした。石道具屋さんは愛知県の岡崎にある。昔、岡崎城を築城する際に大阪から石職人をたくさん移住させたこ […]

もっと読む »

地代と暑気払い

今朝の、庭の猫の額畑。収穫した野菜で今宵のゲストにガスパチョ作ろう。なんで猫の額くらいのスペースしかないかっていうと、もともと家の前に大きなスペースがとれないっていうのもあるけど、原発事故で放射能を撒かれたから。 去年、 […]

もっと読む »

石の塊が彫刻に

今日の朝採り。 #庭の猫の額畑 バジル。 結構雨が降ってる。 畑に移植前のコーララビ。手がかかる子だった。 今彫ってる緑色の御影石はノミでハツった時のエッジが鋭くて、ゴーグルしてたんだけど細かな石粉で目を傷つけてしまった […]

もっと読む »