2013年重大ニュース

年末恒例、1年を振り返って今年も超個人的な重大ニュースを、記憶力のなくなりつつある自分のために、列挙して記録しておく。順不同。思い出したままにリストアップ。
(これまでのまとめ:2012年2011年2010年2009年2008年2007年

  • キャンプには1回しか行かれなかった。大好きだった飯舘村のキャンプ場には放射能が降った。近場に気楽に行かれない。
  • 今年見た映画の中で「希望の国」「地獄でなぜ悪い」の2本の園子音監督の作品が心に響いた。「地獄でなぜ悪い」は個人的今年度ダントツのナンバーワン。「ゼロ・グラビティ」の涙のシーンも忘れられない。
  • 今年でブログ10周年
    楽しかった事だけを記録し愚痴や文句や不満は書かない。書くとしても他人が読んで笑えるものに、を自分の中のルールにしていた。そうすると、読み返したとき楽しかった事だけを読む事になって、やな事はどんどん忘れる。どんどん自分の人生が幸せな事だらけに思えてくる。例えば、こっちがあまりのひどさに訴えようと思っていた悪徳業者に、逆に裁判に訴えられるというなかなか普通では経験できない事もありましたが、渦中は面白おかしくなど書ける訳もなくブログには書いてない。結局、数年にわたる仙台へ通う裁判はこちらの言い分が認められて無事終え、今となっては良い人生経験だったと言えるけど・笑
    だけど、放射能がばらまかれ、反省や謝罪も無く、この不幸を全国に世界中に広げようとするこの国にある全ての原発を作った人たちや、経済のためとか言って、金が儲かるなら他の国に放射し廃棄物を持って行ってでも原発やればいいし、フクイチの原発事故による放射能の健康被害は無いと言い切る人たちへの憎悪が、体の深いところで燃えていて、なかなかお気楽な馬鹿ブログに戻れない。
  • カミさんと結婚25周年。若い頃は、ずっと苦しかった。本気で闘
    ってきた後にこんな世界があったのか。ありがたい、と思う。

例年に比べて長くなった。今年は個展や作品展をいくつもやり、再会や新たな出会いがたくさんあって、忘れられない出来事がたくさんあった。個人的に2013年は忘れられない年になるだろう。

Related Articles: